忙しい主婦にとって、自分の時間を作るためにも、家事はできるだけ効率よくこなしたいですよね^^

日々の家事に追われる毎日ではなく、余裕がある一日を過ごしたい。

ロジカル家事は、お忙しい勝間和代さんがたどりついた、究極の家事とも言えますね^^

経済評論家の勝間和代さんがあさイチロジカル家事について、お話していたので、ご紹介しますね☆

ロジカル家事とは?

ロジカル(論理的)な家事。

つまり、効率よく無駄のない家事ということで、勝間和代さんが使われている言葉です。

勝間和代さんは、電気調理器などを使って、効率よく、手間がかからない家事を提唱されています。

仕事中心にバリバリ生活されているイメージの勝間さんですが、仕事をする前に、衣食住がきちんとしていることが、人間の暮らしにとって、一番大切だと、おっしゃっていました。

仕事をしていると、つい仕事がメインで、家事はサポート的な役割になりそうですね。

でも、仕事をきちんとするために、本当に大切なことは、衣食住なので、そこを大切にしようという考え方です。

そのための効率を考えて、ロジカル家事にたどりついたのですね^^

勝間和代さんのロジカル家事【料理】

家電に働いてもらう

「おいしいものを楽に作る」

をモットーにしている勝間和代さん。

自分でやることを最小限にして、機械やしくみで解決するということを考えているそうです。

例えば、勝間さんは、じゃがいもなどの、皮をむく機械を持っています。

じゃがいもの皮をむく作業にかかる時間について、機械を使うか、手でやるかをロジカルに考えています。

じゃがいもの皮を・・・

手でむくと、1つ当たり約3分かかるとします。

これを、機械でむくことにより、約1分になります。

1個あたり省ける時間を2分と考えます。

勝間和代さんは、じゃがいもの皮を、週に2回ほどむくそうなので、積み重ねた時間を合わせると、とても大きい時間の節約ができるということです。

1週間に2回以上使うものについては、なるべく効率化するというのが、勝間和代さんの基準だそうです。

勝間和代さんのキッチンには、家電がずらりと並んでいます。

ほとんどの料理で、自分でやる作業は、材料を切って、電気調理器に入れるだけ。

後は、機械に働いてもらうのだそうです。

機械に働いてもらっている間、他の家事をする時間にしてもいいし、本を読む時間にしてもいいですよね☆

蒸し煮で、味も栄養も無駄なく

気を付けるのは塩分量。

基本の塩分量は、材料の0.6%の塩分にすると、美味しくできるそうです。

しっかり計って味付けをすれば、味見をしなくても味が決まるそうです。

味をみて、調節をするという手間も省けますね^^

以前は、ほうれん草を茹でるということも、ハードルが高かったようです。

ほうれん草の調理も、茹でるというのは、

1,お湯を沸かす。

2,ほうれん草を入れて、茹でるまでついている。

3,   お湯を切る。

4,ほうれん草を絞る。

5,   ほうれん草を切る。

といった手間がかかる上、栄養分も流れ出てしまいます。

レンジの蒸し機能を使えば、

1,ほうれん草を切る。

2,蒸す。

だけで調理が完了。

ほうれん草は、蒸し煮にすることで、野菜の甘味も味わえるし、栄養分も損なわれません^^

火につきっきりになることもないので、時間を有効に使うことができます☆

ネットスーパーを利用する。

勝間和代さんは、キッチンの一角に、ネットスーパー注文用にパソコンを置き、すぐに注文できるようなしくみを作っていました。

ネットスーパーで買物すると、必要なものだけを買うことができ、つい目移りして、無駄なものまで買ってしまうのを防ぐことができます。

これによって、無駄な食材を買うことなく、勝間和代さんは食材を捨てることがほとんどないそうです。

注文も5分ですむので、かなりの時短になります^^

重たい野菜も、運んでもらえるので、重たい野菜を買うのが億劫で、あまり食べなかった野菜を、たくさん摂る習慣もできるそうです^^

外食費が減る

家で料理を作ることが、とても時間も労力もかかると、外食が増えます。

簡単に、美味しく作れることで、家で料理をすることが億劫ではなくなり、外食費が減ります

材料費も、家で作った方が、安くできますね^^

その分、こだわった材料を使ってもいいですよね☆

勝間和代さんのロジカル家事【収納】

勝間流、断捨離の基準

勝間和代さんは、もともと片付けが苦手だったそうです。

そこで、続けられる片付けのために、今までの持ち物の8割を捨てたそうです。

その方法には、基準を設けていました。

出していていいもの・・・・・週1回使うもの

引き出しに入れるもの・・・・2ヶ月に1度使うもの

家の中に入れていいもの・・・半年に1度

その他は捨てたそうです。

1年に1度しか使わない、雛人形やクリスマスツリーは、物置に入れます

2~3割の余裕をもたせる。

ものをしまうときには、2~3割の余裕をもたせるのが、コツだそうです。

人間は、2~3割の余裕がないと、物事がフリーズしてしまうそうです。

そのため、勝間和代さんも片付けが続けられなかったのかもしれないですね^^

例えば、スケジュールも、パンパンに詰めてしまうと、1個つまずいたらすべてが崩れてしまいます。

余裕がないと、頭がパニックを起こしてしまうので、余裕は大切ですね^^

冷蔵庫の中も余裕をもたせる

冷蔵庫の中も、見渡せるくらいの余裕を持たせます。

見渡せないほどに、冷蔵庫に入れておくと、忘れてしまい、食品を使い切れなくなってしまうので、見渡せる量、覚えていられる量を心がけます。

洋服の持ち方

シーズンが終わる頃、来年も着るか考えながら、洋服の持ち方を考えます。

今シーズン1度も着なかった服。

昨年も着なかった服。

クリーニングの袋がかぶったままの服。

は、バザーに出したり、処分するなどして、服の量をコントロールするとよいそうです。

紙類の持ち方

書類などの紙類も、スキャンしたりして、データだけを保存したり、いらない書類は、すぐに処分するようにしているそうです。

家電をたくさんお持ちの勝間和代さんは、家電の説明書を良く見られるので、説明書は、1つの引き出しを使われているそうです。

保証書などは、ファイルに2つ分。

思い出の物は、写真に残して処分するか、箱ひとつ分に決めるなど、なるべく増やさない工夫をされていました。

まとめ

あさイチで紹介されていた、勝間和代さんのロジカル家事は、家電を上手に使い、家事を効率よく、進めるための工夫が詰まっていました。

まずは、炊飯器とオーブントースターを使うことから、オススメされていました。

私も、収納のついてや、物の持ち方は似ていますが、お料理については、とても手間がかかっていたし、その割に味はふつうでした・・・^^;

炊飯器とオーブントースターは、ご飯を炊くことと、パンを焼くことくらいにしか使っていなかったので、まずはそこから試して見ようかな^^と思っています。

塩分6%にも、気をつけてみようと思いました。

勝間和代さんのロジカル家事で、効率よく家事を回すこと、試してみてくださいね☆