片付けが進まないと、気持ちがもやもやするものですよね^^;

捨てなければ片付かない・・・。とわかっていても、捨てられない・・・。

誰もが陥りがちなことですよね^^

日常生活のもやもやを意識していったら、お部屋がスッキリしたという、

暮らしの『もやもや整理術」の著者、松尾たいこさんが、上手に発想転換して、片付けを進める方法をお話していたので、まとめますね☆

どこから始めるべき?

もともとは、片付けられなかったという、松尾さん。

きっかけは、”ソックス”。

以前は、丸めて、箱に投げ入れる方法で収納していましたが、いつも、履くソックスを箱の中から、掘り出す始末・・・。

探すのが大変だったそうです。

毎朝、ソックスを掘っている時に、”どうにかしたい・・・どうにかするものって、何かないかな?”と思ったのが、もやもやに気づいた始まり。

今は、仕切りのある入れ物に1足づつ分けて入れることで、ひと目でわかりやすくなり、履きたい靴下を探すというもやもやがなくなったそうです。

小さな場所から、とりかかることで、小さな成功体験を積み重ねていってから、大きなところにとりかかるのが、続けられるコツだそうです。

松尾さんが感じたもやもやポイント

もやもや1,取り出しにくい

ソックスの片付けで感じた、もやもやの原因を探っていくと、取り出しにくいということがあることがわかりました。

そこで、松尾さんは、すべて見える化するという方法をとりました。

例えば、ソックスも、仕切りをつけて、1足づつ入れることで、上からすぐに見える化しました。

見える化にすることで、探しやすくもなりますし、自分がなにを持っているのかもひと目でわかりますね^^

この方法で、クローゼットの中の、カバンや帽子もすべて、見える化することで、暮らしもやもやを解決されました☆

もやもや2,高いけど使いにくい

インテリアについても、もやもやを抱えられていたそうです。

昔は、パッとかわいくて高そうに見えるクッションを買っていたそう。

買っては見たけれど、使ってみたら余計なところにビーズがついていて、チクチクして、使いにくい・・・。

実際使って、使いにくいと感じたものは、思い切って処分してしまったそうです。

値段が高かったから捨てられない。

というのは、物が捨てられない大きな問題のひとつですよね。

高かったよな・・・と思って、使いにくいけれど使い続けるのは、暮らしの中のもやもやに繋がります^^

快適な暮らしのためには、もやもやを解消する、思い切りも必要なのですね☆

もやもや3,絶対汚れるもの

もやもやは、掃除する上でも生まれます。

松尾さんが、掃除でもやもやを感じたのは、お風呂の椅子

お風呂の椅子がヌルヌルになるのが、嫌だったので、試しに無くしてみたら、ぜんぜん平気だったそう。

絶対汚れるとわかっている、お風呂の椅子や、三角コーナートイレマットダイニングマットは、そもそも置かないということにしたそうです。

余計な掃除の手間は、暮らしもやもやになりますよね。

もやもやは放置しない

暮らしの中で、探しづらかったり、使いづらかったりするということは、気持ちのもやもやになります。

もやもやを放置せず、発想の転換をして実行に移す

ということが、大切ですね^^

まとめ

暮らしの中で、なんとなく使いにくいけど、それが当たり前になってしまっていることってありますよね。

松尾さんが、もやもやしていた、ソックスについても、洗濯して箱に放り込むということが、一見家事の効率としては、良いようにも思えたりします。

でも、箱の底が見えないほどの量があったり、箱の深さが深かったりすると、探せないというもやもやが積もりますよね・・・。

暮らしの中のもやもやに、気がつくというのが、片付けにつながるのかもしれないですね^^

掃除のもやもやを取り除くということは、私もやっています。

お風呂の椅子は、持っていますが、その他の三角コーナー、マット類は、掃除や洗濯の手間を省くために持たないものが多いです。

珪藻土のバスマットは、洗濯の手間がいらずに便利ですよ^^

珪藻土のバスマットのお手入れ方法についての記事は、こちらからどうぞ☆

片付けることに、気持ちの向き合い方というのは、大事ですね^^

松尾たいこさん著の「暮らしもやもや整理術」、参考にしてみてはいかがですか?

部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術【電子書籍】[ 松尾たいこ ]

価格:1,540円
(2020/3/2 16:19時点)
感想(0件)


私も、暮らしもやもやを放置していないか、見直して見たいと思います☆