年末は、いろいろ出費が増えるもの。

少しでも、無駄なお金は使いたくないですよね^^

食費節約することは、節約の効果が現れやすいところですし、無駄にしなかったということは、主婦として、自信につながるのではないでしょうか^^

ヒルナンデス!で冷蔵庫の収納を工夫して、食費節約の仕方を紹介していたので、まとめますね☆

冷蔵庫はすっきりさせる

冷蔵庫の中が見渡せるように、収納しておくことが、食材を忘れずに使い切れるコツですね^^

大中小の保存容器をうまく使い分けて、食材を保存すると、食費節約ができます☆

食材は、ひと手間かけておく

買い物から帰ってきたら、そのまま食材を冷蔵庫に放り込んでしまわずに、ひと手間かけておきます。

そうすることで、料理をするときに、1ステップ省くことができますね^^

1,野菜は、すぐに使えるように洗っておく。

プチトマト・・・洗ってヘタをとって、保存容器に入れる。

もやし・・・洗って保存容器に水を張り、入れておく。

キャベツ・・・洗って千切りにして、水を入れた保存容器に入れておく。

とうふ・・・洗って、水切りしておく。

もやしや、キャベツの千切りは、毎日水を変えることで、シャキシャキが保てます^^

これらは、セリアで購入したザル付きの保存容器を使っていました。

ザルに食材を入れて洗ってそのまま容器に入れることが出来て、とても便利です^^

別にザルを用意することもないので、洗い物も減りますね^^

とうふの水切りも保存容器に入れたまま出来ます^^

2,簡単な常備菜を作っておく。

買い物から帰ってきたら、すぐに常備菜を作ってしまいます。

マカロニサラダや、サーモンマリネ、きんぴらごぼう、きゅうりとわかめの酢の物を常備菜として、作られていました。

買い物から帰ってきたときは、ちょっと大変ですが、後の何日かは、楽ができますね^^

4つの保存容器に入れると決めているので、なにかご家族の好きなものを4種類考えて常備菜にすると、いいですね☆

3,薬味を用意しておく。

1片ずつに分けたニンニク(薄皮はつけたまま)

みじん切りのネギ

千切りしょうが(酢につけておく)

を保存容器につくっていました。

使いたいときにサッと使えるし、味のバリエーションも変えられて便利ですよね^^

みじん切りのネギは、そんなに日持ちはしないので、1週間以内に使い切ります。

保存容器の下にキッチンペーパーを敷いておくと、新鮮さが保て、無駄が防げます。

千切りのしょうがは、お酢につけておきます。

お酢につけておくと、1ヶ月は持つそうです。

生のままだと使いきれないこともあったりしますが、これなら無駄にせずにすみますね^^

加熱すれば、お酢の酸味は飛びますし、お酢自体も料理に使えるそうです^^

これら、冷蔵庫の食材は、5日~1週間で食べきるようにするそうです☆

冷凍庫を上手に使う

冷凍庫は、チャック付きの保存袋に入れて、ブックエンドを使って立てて保存します。

ブックエンドを使うことで、倒れず保存できます。

立てて保存することで、ひと目で中身が確認できて、あれこれ探す手間が減りますし、使い残しもなくなります^^

 

 

View this post on Instagram

 

pito…さん(@pito.home)がシェアした投稿

ブックエンドではなく、カゴなどで仕切るのも、いいですね^^

冷凍しておく食材

食材を無駄にしないように、冷凍できる食材は、冷凍しておきます。

冷凍庫に入れるときも、下ごしらえをしておきます。

にんじん・・・生のまま千切りして冷凍。

わかめ・・・塩蔵わかめをそのまま冷凍。

小ねぎ・・・刻んでおく。

油あげ・・・刻んで置く。

きのこ・・・しめじ、エリンギ、えのきなどを、使いやすいサイズに切って、ミックスきのこを作っておく。

とり肉・・・ひと口大にきり、下味(ヨーグルト、ケチャップ、カレー粉)を付けておく。(タンドリーチキンに・・・)

にんじんは、きんぴらでも野菜炒めでもそのまま使えますし、きのこは、パスタやスープに使うそうです。

水分の少ない食材や、根菜、きのこを冷凍させるそうです。

冷凍しておけば少しの量でも使いやすく、少しだけ残らせて腐らせてしまうことが防げますね^^

油あげは、袋に入ったまま切ると、手が汚れずカットできます。

お味噌汁に入れたり、ひじきの煮物など、いろいろ使えるので、レギュラー食材だそうです☆

とり肉は、下味をつけて冷凍しておいて、180度のオーブンで30分焼くとタンドリーチキンが簡単に作れます。

半調理しておくと、帰りが遅くなったときでも、サッと食事の支度ができますね☆

バーベキューやキャンプなどの時にもそのまま持って行けて、便利です^^

余った切れ端野菜は、とりあえず刻んで冷凍する。

にんじんの皮や、しいたけの軸など、ちょっと余ってしまった野菜は、刻んで冷凍しておきます。

それぞれラップに包み、ひとまとめにチャックの保存袋に入れておくと、チャーハンセットができます。

これをつくっておけば、いつでもチャーハンを作れて、お昼ごはんの用意も簡単にできますね^^

チャーハンセットの他にも、飴色玉ねぎ、刻みにんじん、合いびき肉を冷凍しておき、塩もみしたキャベツの千切りも混ぜて、ミートローフを作るセットを作っていました。

冷凍庫で保存するのは、1ヶ月。

冷凍庫で冷凍しておくとはいえ、冷凍も永遠に持つわけではありません。

冷凍庫の食材も1ヶ月単位で管理して、月末には空になるように、月末が近づいてきたら、冷凍庫の食材を中心に買うものを調整します☆

油あげは、私もいつも冷凍しておく食材ですが、長く冷凍しすぎると、冷凍庫の匂いがついてしまうので、早めに消費するようにしています^^

大中小12個の保存容器に入れて、整理する。

ヒルナンデス!に出演していたお宅では、大中小各4つの保存容器を使われていました。

ご自分のおうちの冷蔵庫のサイズにもよりますが、このくらいの量で、家族5人分の食材を管理なさっています。

それぞれ、の保存容器の使い方は、

大サイズの保存容器・・・よく使う食材を下ごしらえして保存しておく。

中サイズの保存容器・・・作り置き常備菜を作っておく。

小サイズの保存容器・・・薬味用。

です。

大サイズの保存容器のみ、ザル付きの保存容器でした☆

まとめ

冷蔵庫、冷凍庫を上手に活用すると、食費節約ができます。

ヒルナンデス!の出演していた方はこの方法で、5人家族で30000円の食費でやりくりしているそうです^^

一般的に、5人家族の食費の平均は86000円とのことなので、驚きですよね!

食費節約のコツは、1週間分の食材をまとめ買いして、半調理しておく

冷凍庫も1ヶ月を目安に使い切る

ということでした。

冷蔵庫は整理して、見渡しやすく収納しておくことが大事ですね^^

買い物から帰ってきて、ひと手間かけておくことで、食材を使いきり、食費節約につながります。

私も、食材を使い切った達成感を味わってみるために、挑戦してみようと思います^^

これからの時期、食費の節約と冷蔵庫の大掃除をかねて、冷蔵庫収納を見直してみるのも、いいかもしれませんよ^^

ぜひ、試してみてくださいね☆

食費節約については、こちらの記事にも書いています。

【あさイチ】食費が節約できる収納術|箱とペンを上手に使おう。

よろしければごらんくださいね^^