先日、オリラジの中田敦彦さんが、いい夫を辞める宣言をしました^^

妻にとって、夫婦にとって、いい旦那であることが幸せなのかしら・・・。

いい旦那って何?

中田さんがいい夫を辞めるといった訳と、いい旦那定義とはどんなことなのか、まとめてみました☆

中田敦彦さんがした、いい夫辞めます宣言とは?

中田さんは、2012年にタレントの福田萌さんとご結婚されて、お子さんが生まれてから、仕事をセーブしながらも、収入は増やすといった仕組み作りに成功されて、奥さんのサポートをするという、はたからみれば理想的ないい旦那さんに思えます。

なのに、いい夫を辞めるというのは、どういうことなのか・・・。

きっかけは、奥さんのひとつの提案から。

それは、カウンセリングを受けるというもの。

妻のために、仕事を減らし、家で家事や子育てを手伝い、さらに収入を減らさないといった選択をした中田さんは、突然の妻の提案にびっくりされたそうです。

ここまでした自分に、なんの不満があるんだ!と思われたでしょうね^^

カウンセリングを受けた結果、奥さんだけでなく、だんなさんの方にも、ストレスがあることが判明しました、

いい旦那になろうと、自分の好きなことも我慢し、奥さんに合わせ過ぎているという診断だったそうです。

なんでも妻に合わせていくうちに、要求のレベルがだんだん高くなっていき、普通では満足できなくなっていたのではないかと気が付かれたようです。

それが正しいと思っていたことが、逆だったのではないかと・・・。

そんな経緯があって、いい夫を辞めます宣言をされた、中田さんでした。

自分のいい旦那像が、自分も奥さんも追い詰めてしまったのだと、行動を変えてみることを考えられたようです^^

いい夫の定義とは?

結婚したときは、それぞれの暮らし方を尊重するという、思いやりからいい旦那になろうとすると思います。

いい旦那とは、妻の言うことに合わせて、妻が心地よい結婚生活がおくれるようにしてあげることだと、中田さんも思っていたのだと思います。

ただ、それが一人よがりになっていて、奥さんのためではなく、自然に自分の満足になってしまったのではないでしょうか。

いい旦那定義は、夫婦それぞれに違うとは思いますが、

・相手に感謝できる。

・相手を思いやる。

・相手の価値観を認める。

・きちんと謝れる。

・お互いを尊重できる。

などの定義があります。

どれも、し過ぎてしまうと、中田さんご夫妻のように夫婦で悩むことになるかもしれませんね^^

自己満足になってしまわないことがうまくやる方法なのだと思います^^

夫婦ふたり暮らしになって、夫のあり方は変わるのか?

我が家は、子供が巣立ったので、夫婦ふたり暮らしをしています。

夫は、基本的に優しい人だとは思いますが、私のためといいながら実は自分のためだった・・・?!

と思うことがあります。

子育ても、暮らしも、私の提案に合わせてくれていましたが、なにかあったときにも、責任は私にあるのではないか・・・。

と、プレッシャーがかかっていたこともあります^^;

やってくれていることに感謝はしながらも、本当に子供のことを考えているのか、私のことを思ってくれているのか、考えだしたらきりがありません。

以前は、お互い思ったことをあまり口にしない方なので、勝手にストレスをためて、不機嫌になってしまうこともありました。

相手がどうして不機嫌なのか、理由もわからない・・・^^;

そんなことがありました。

基本的に、ふたり暮らしになっても、夫は変わっていません。

ただ、私の態度次第では、夫が思っていることを引き出せるのではないかと思っています^^

相手はなかなか変わってくれませんものね^^;

機嫌のいいときに、ついでに不満を聞いてみるとか、私も、少しずつイヤだと思っていることを言うなど・・・。

そんなにうまくいかないこともあるし、言いすぎてしまった!と思うこともありますが、ケンカが長引くことはなくなったかな。

と思います。

中田さんの”いい夫を辞めます”宣言で、”いい妻辞めます宣言”もアリではないでしょうか^^

夫婦ふたり暮らしになったからこそ、自分の時間を持ったり、夫婦ベッタリにならない工夫を楽しんでやってみたり、いろいろ試してみています^^

オリラジ中田さんの”いい夫辞めます宣言”を機に、夫婦にあり方を考えてみました。

夫婦それぞれに考え方があるとは思いますが、考えてみるきっかけになればいいな・・・と思います^^

夫婦ふたり暮らしについてはこちらも書いています^^

夫婦ふたり暮らし☆定年後の暮らし方と準備。夫と妻、それぞれの不安と楽しみ方の記事はこちらから☆

夫婦ふたり暮らし。連休に時間をもてあました時の10の過ごし方の記事はこちらから☆