芸人もされているコジマジックさんですが、今や、収納王子コジマジックと言った方がわかりやすいというほど、収納、お片付けの分野で有名な方ですよね^^

テレビなどで大活躍ですが、”リバウンドしない魔法の片付け術”についてのお話をされていたので、まとめますね^^

リバウンドする理由

片付けても、片付けても、リバウンドするというのは、どうやら共通の理由があるようです。

・時間も体力もない。

・もったいないから、捨てられない。

・家族が散らかす。

・散らかっている方が落ち着く。

・性格だから直らない。

片付けリバウンドに悩む方は、どれかに当てはまるのではないでしょうか・・・。

自分が頑張って片付けても、また散らかされてしまったり、捨てることに悩んで時間がかかったりして、なかなか片付けが進まないことが、リバウンドの原因かもしれませんね・・・。

リバウンドさせないには、どうしたらいいの?

コジマジックさんいわく、一生リバウンドしない片付け方法があるといいます。

なぜ、リバウンドするのかというと、

”正しい片付け方を知らないだけ”

なので、正しい片付け方さえ知れば、リバウンドしないで済みます^^

一生片付けのリバウンドをしない魔法の方法とは?

では、正しい片付けの方法とは、どんなことでしょう?

ポイントは、

だ・わ・し

だ・・・は、”出す”の””です。

わ・・・は、”分ける”の””。

し・・・は、”しまう”の””です^^

この順番で片付けすると、リバウンドしないで済むというのです。

だ・わ・しの、”だ”

・・・まずは、全部出します。

持っているものの数を知るというのは、大切なことです。

人別に分けてながら出していきます。

だ・わ・しの”わ”

・・・人別に出すことができたなら、次に分けていきます。

分ける方法は、

”使っているか、使っていないか”です。

よくやりがちなのは、”捨てる、捨てない”で分けてしまうこと。

捨てるということは、一旦忘れて、今使っているものを分けていきます。

だ・わ・しの”し”

・・・分けることが終わったら、しまいます。

”捨てる”という意識を”捨てて”しまいましょう。

”捨てる”というのは、少なからずもったいない気持ちになってしまうものです。

捨てなければいけないものを選んでいくのは、とても時間がかかるものです。

分ける基準は、今使っているか、使っていないかで分けるというもの。

今使っているものは、まさに今のことなので、すぐにわかると思います。

捨てなくてもいいんだ!と思うと、気持ちが楽じゃありませんか?

使っていないものは、後回しにして、使っているものからしまっていきます。

しまうコツとしては、

指定席を作ることです。

マスキングテープで、人別に色分けをして、しまうエリアを決めていきます。

例えば・・・

お父さんは、玄関から近い場所に。(ただいま~と帰ってきてすぐにおけます^^)

お母さんは、キッチンの近くに。

子供は、座っておもちゃで遊ぶので、床から近い位置に・・・。など、せの高さや、家にいるときの動線を考えて、しまいます。

家族全員がわかるシステムを作りましょう^^

収納グッズを揃えるのは、それぞれ、人別の定位置が出来てからです。

自分のエリアが決まったら、そこに合う収納グッズを揃えます。

入れたいものの大きさと、棚などのサイズをきっちり測ってから買います。

だいたいこのぐらいかな・・・と適当に買ってしまうと、失敗します(T_T)

内寸をミリ単位で測りましょう☆

カゴなどにしまう場合、カゴにもなにが入っているか、ラベルを付けましょう。

上から見渡せるように、縦に入れていきます。

おもちゃは、放り込み収納で。

マンガもおもちゃと同じ分類にします。

マンガと学習用の本を一緒にしておくと、学習の本を取りに来たつもりが、ついついマンガに手がいってしまう・・・。

ということが防げるので、別に分けた方が、勉強がはかどるそうです。

このように、出す、分ける、しまうの順番を守って片付け、指定席を決めたらそれを守っていくことで、リバウンドしない片付けの仕組みが出来ます☆

現在で考える

女性は特に、未来で考えがちです。

いつか使うかも・・・。

痩せたら着るかも・・・。

という考え方は、未来に向かっています。

コツは、使っているか、使っていないかという事実のみで考えましょう。

”いつか着る”の”いつか”は、一生来ないそうです^^;

3秒ルール

今、使っているものは、すぐにわかるはず。

迷うものは、いま使っていないものということになります。

1.2.3で、決まられないものは、使っていないと分けましょう。

使っていないものでも捨てなくて、大丈夫です☆

捨てなくていいと思うと、分けるのもハードルが下がりますね^^

使わないものは、使わずボックスに入れておきます。

使わずボックスとは、使っていないものをいれておく箱。

使わずボックスは、玄関先など、目立って邪魔な場所に置くことで、人にあげたり寄付をしたり、手放すのが早くなります。

けっして、使わない場所、奥の方には入れないでください。

奥の方に入れてすまうと、ますますあることを忘れてしまうので^^

置いておく場所にも、家賃がかかっていると意識するといいそうです。

きれいを保つ秘訣

腰高の棚などは、つい置きっぱなしになってしまい、そこからまたリバウンドをしてしまいます。

棚の上には、置かないムード作りをすると良いそうです。

例えば、アロマポットを置いたり、観葉植物を置いたり、すてきな空間にしておくと、そこに置きっぱなししなくなります。

どうしても、家のカギなどを置いてしまう場合は、トレーなどを置いて、その場所を指定席にしてしまいましょう^^

協力してくれない家族に片付けをしてもらうには・・・

子供の場合、

「片付けなさーい!」

とか、

「片付けないと捨てちゃうよ!」

というのは、逆効果(T_T)

片付けが嫌いになってしまいます。

〇〇くんの、好きなベスト5はなあに?

と好きなものを選んでもらったり、ポジティブな言葉を使って進めていくとスムーズに片付けができます^^

出来たら褒めるのも、大切です^^

ご主人が片付けないという場合は、まず、自分が片付けるのを見せていって、使いやすくなったことを実感としてわかっていただけると、自然に片付けてくれます。

大変そうに片付けるのではなく、楽しそうにやっていると、その気になってくれたりしますよ^^

へえ~、きれいになったね。

とか、

どうやってやったの?

と興味をもってくれたときがチャンス!

だ・わ・しの法則を教えてあげましょう☆

時間がない、体力がない・・・ときには。

衣類の片付けを先にするのが、オススメだそうです。

自分がよく使う引き出しを5分から、片付けます。

片付けの効果を実感することで、達成感が生まれ、また続きも片付けられるようになるそうです。

まとめ

収納王子コジマジックさんが、「ごごナマ」でリバウンドしない片付けの魔法について、お話していたので、まとめました。

片付けるときに、

”ものが入った中からいらないものを選ぶ。”

という方法をとってしまいがちですが、まずは”出す”ことから始めてみましょう^^

だ・わ・し(出す、分ける、しまう)

の順に片付けを進めると、リバウンドせずにすむというお話でした。

最初の物が多い方は、やってみることに大変さを覚えてしまうかもしれませんね・・・^^;

でも一度、この作業さえ終わらせてしまえば、日々の片付けは、簡単になってくるはずです☆

本当に今使うものって、案外少ないんだな・・・と実感することから始められるといいかもしれませんね^^

大掃除を機会に、だ・わ・し片付け、やってみませんか?

リバウンドしない片付け、試してみる価値ありです☆

時間がない方は、自分のよく使う場所を5分から^^

無理をしないで片付けましょうね^^