肩こりは、ひどくなると頭痛を引き起こしてしまったりして、辛いですよね・・・。

いろいろな解消法がありますが、この記事では、簡単に美味しく食べられて、肩こりに効果がある食べ物アーモンドはちみつ”と、覚えるのも簡単で続けられそうな肩こり体操”ひとりメドレー体操”をご紹介します^^

アーモンドはちみつは、なぜ肩こりに効くの?

肩こりの原因のひとつに血流の悪さがあります。

アーモンドには、ビタミンEが豊富に含まれていて、血流を良くする働きがあるそうです。

また、はちみつのプロポリスという成分も、血流改善の働きがあるので、アーモンドと合わせると、さらに血流を良くしてくれます。

肩こりは、血流を良くすることで、改善されるとのことなので、アーモンドはちみつを食べることで、肩こりの解消に役立ちます。

油と一緒に摂ることで、アーモンドとはちみつの栄養の吸収がさらに良くなります。

パンにバターを塗って、アーモンドはちみつをのせて食べることで、バターの油分が加わります。

バターの油分で、効率良くビタミンEとプロポリスを摂取できますね^^

しかも、美味しそうです^^

美味しくなければ、身体にいいといっても続かないので、美味しく肩こりに効くならうれしいですね☆

アーモンドはちみつの作り方と1日に食べる分量

アーモンドはちみつは、その名の通り、アーモンドとはちみつを合わせるだけです^^

1日、10粒で肩こりに効果があるようなので、1週間分で

アーモンド  70粒

はちみつ  140グラム

(1日10粒×7日分)

を煮沸消毒した、ビンなどに漬ければ、アーモンドはちみつのできあがりです^^

DSC_0654

さっそく作ってみました^^

家に、食塩無添加のアーモンドがあったので、ビンを煮沸して、はちみつを合わせました。

40粒ほどしかなかったので、はちみつも分量の半分ほど入れました。

だいたい、アーモンド全体にはちみつが、からまるくらいの量です。

味見をしましたが、一気に10粒食べるには甘すぎるので、私は何回かに分けて食べようと思います^^

直射日光が当たらない場所に保管しておきます。

時間がたつと、アーモンドにはちみつがしみるので、少し置いてから食べた方が、いいとのことですが、アーモンドもはちみつも、そのまま食べられる食材なので、すぐにでも食べられますね^^

朝食にパンにのせて食べてもいいですし、ちょっと小腹がすいたときにでも、おやつもいいと思います☆

肩こりに効くという食べ物ということなので、試してみようと思います^^

ひとりメドレー体操

アーモンドはちみつに加えて、体操もすると、肩こり解消に効果があります。

肩こりには、ひとりメドレー体操が効きます^^

ひとりメドレー体操とは、水泳のメドレー(クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ)の動きのストレッチ体操になります。

立っていても、座っていても、OKです^^

クロール、背泳ぎ、バタフライの手の動きを、それぞれ3回ずつ。

平泳ぎの手の動きを6回します。

このとき、肩甲骨の動きを意識して、特に平泳ぎの動きのときは、前によく手を伸ばすと、より効果があります。

痛みがあるときには、ご自分の肩の調子で無理のない範囲で試してみてくださいね^^

まとめ

肩こりの効果がある、アーモンドはちみつと、簡単にできるひとりメドレー体操について、書きました^^

アーモンドもはちみつも好きなので、美味しく食べられそうです☆

肩こりに効くなら、食べてみようと思います。

どちらも、簡単で続けやすそうですよね^^

私も長年、肩こりには悩まされています(T_T)

身体も硬いので、無理な体操は続きません・・・。

座ったままでもできる体操なので、テレビを見ながらもできますね^^

お風呂あがりのストレッチポールを日課にしているのですが、それに、平泳ぎの動きをプラスしてもいいかな・・と思っています^^

これから寒くなってくると、身体が縮まりがちになり、肩こりもますますひどくなる時期です。

肩こりにお悩みの方は、アーモンドはちみつと、ひとりメドレー体操を試してみてくださいね^^

肩こり、五十肩に良いストレッチ法は、こちらの記事にもまとめています^^

肩こりや五十肩はストレートネックや巻き肩が原因かも?私が経験して効果があったストレッチ法の記事はこちらからどうぞ☆