まる得マガジン】不安解消!家計見直し術の第4回は、”貯金”のついてです^^

貯めなきゃな・・・とは思いながら、なかなかうまくいかないのが、貯金ですよね・・・^^;

なんのために貯金をするのか、目的を決めると、貯金する張り合いもできますね^^

貯金の目標を決めよう

貯金をするには、目標を決めることが大切です。

頑張りすぎるのも、続けられなくなってしまいますし、目標が低すぎても、貯めるのに、時間がかかってしまいます。

貯金を貯めている人を参考にした、毎月の貯金の理想の割合は、手取り月収の16.7%

およそ、手取り月収の約6分の1です。

例えば、月収32万円の場合、約53000円になります。

そんなに貯金は無理!

と思われる方もいますよね・・・。

家族構成や、今のライフステージでも変わってきます。

子供の教育費にかかるお金が多くなる時期もありますね^^

目標は高すぎず、低すぎず、無理のない貯金をしましょう。

生活の資金作り

まずは、生活を守るための、資金づくりから始めましょう。

生活を守るための貯金には、2種類あります。

生活予備資金

生活予備資金とは、近い将来のための貯金です。

1ヶ月の収支が赤字になった時の、予備の貯金のことです。

目安としては、手取り収入の2分の1貯金しましょう。

毎月の月収1ヶ月分と足して、1.5ヶ月分があれば、多少の上限に対処できます。

32万円の手取り月収の方は、約16万円ほどを、生活予備資金とします。

毎月、手取り月収の6分の1を貯めていくとすると、3ヶ月で貯められる計算になりますね^^

赤字のときには、この予備資金でまかない、他の貯金には、手をつけないようにします。

次の月には、支出を抑えて、2分の1ヶ月の生活予備資金をキープするように心がけましょう^^

生活防衛資金

生活防衛資金とは、病気やケガ、失業などによって、収入が途絶えたときに備えておく貯金のことです。

この生活防衛資金は、

手取り月収の6ヶ月分

を目標にします。

月収32万円の収入の方なら、192万円です。

手取り月収の6分の1を貯金していくと、36ヶ月(3年)で貯まる計算になります。

貯金をする意味

貯金をする意味は、

・ピンチに備えること。

・生活を守る資金を貯めること。

です。

旅行や車を買うための貯金も大切ですが、まずは、生活を守るための貯金から始めましょう☆

貯金ができるタイミングを見極めよう

ライフスタイルの変化によって、貯金ができるタイミング、”貯め時”があります。

1、独身の時。

独身の時は、やはり貯め時ですよね。

実家暮らしなら、とくに貯められる時期ですね^^

2、子供が小学校低学年の時。

結婚して、子供が生まれてからは、小学校低学年の時期が貯め時です。

幼稚園や保育園は、学費が高いこともありますし、小学校高学年以降になると、塾やお稽古ごとにお金がかかるようになってきます。

低学年の時期は、お金を貯めやすい時期ですね^^

3、子供が独立した時。

子供が独立をすると、子供にかかっていたお金がかからなくなります。

子供が独立して、定年するまでの時期は、お金の貯め時ですね^^

貯金は、徐々にする

今まで貯金をしてこなかった人が、いきなり数万円の貯金をするぞ!と意気込んでも、息切れしてしまい、リバウンドがおきてしまいますね。

少額でも、続けて貯めて行くほうが、貯金は貯まりやすいそうです。

始めは少額から貯金を始めてみて、生活の中になじませるようにしていくといいと思います。

まとめ

家計の見直しに貯金することは、かかせません。

【まる得マガジン】の不安解消!家計見直し術の第4回の、”貯金”についてまとめました☆

貯金は大切だと思っていても、なかなか貯められないものですが、将来の不安などに備えるためにも、貯金をする工夫をしてみましょう。

あれば使ってしまう・・・という方は、初めから給料天引きの貯金をするのも、いい方法ですね^^

いざというときのピンチに備え、生活を守るための資金作りに貯金をはじめてみましょうね^^

不安解消!家計見直し術 (NHKテキスト NHKまる得マガジン)

価格:616円
(2018/12/5 18:34時点)
感想(0件)

テキストも参考にすると、よくわかりますよ^^