冷蔵庫の収納をわかりやすくしておくことは、食費を節約するためにも、衛生的にも、大切なことですよね。

節約のためにまとめ買いをしたり、作りおきをしたり・・・。

限られたスペースを有効に使うためにはコツがあります。

冷蔵庫は家族みんな取り出しやすく、わかりやすくしたいですね^^

取り出しやすくするために、トレーを使うと、使いやすい冷蔵庫収納ができますよ。

きれいに整理するためのおすすめの方法について書きますね^^

冷蔵庫収納のコツ

冷蔵庫収納には、コツがあります。

スッキリと整理することで食品を腐らせてしまったり、無駄買いを防げたりします。

冷蔵、冷凍、チルドの使い分けで、食品を正しく保存しましょう。

冷蔵室の収納

冷蔵室は余裕を持っていれましょう。

ゆったりと、中身が見渡せるくらいの量がいいですね^^

冷気が行き渡って庫内がよく冷えて、食品が長持ちします。

見渡しやすくすることで、入っていることを忘れて腐らせてしまうこともなくなりますよ^^

冷凍室の収納

冷凍室はしっかりと詰めた方が、食品が長持ちします。

しっかりと詰めると、食品同士で冷やし合い、溶けにくくなって食品の持ちが良くなるためです。

チルド室の収納

チルド室は冷蔵室よりも少し低い温度設定です。

お肉や魚、納豆や豆腐、チーズ、キムチなどの発酵食品を収納するのに適しています。

チルド室が冷蔵庫の庫内についているタイプの冷蔵庫は、冷蔵庫のドアを開け締めしても、温度変化があまりないので、生ものが傷みにくく保存できます^^

野菜室の収納

野菜室は、冷蔵よりも高めに温度設計がされています。

野菜の中でも、比較的低い温度を好む野菜(もやし、きのこなど)は、冷蔵室に入れた方が長持ちします^^

冷蔵庫の使い方については、こちらの記事にも書いています^^

【節約術】食費節約には食品ロスをなくすこと!無駄をなくせる保存の方法

おすすめの整理の仕方

冷蔵庫の中に定位置を決めて整理しましょう。

どこに何を置くか決めておくことで、サッと取り出せます。

扉を開けている時間が減り、電気代の節約にもなりおすすめです。

例えば、ドアポケットにしても、ドレッシングを入れる場所など、いつもの場所を決めておくと、家族に手伝ってもらいやすいですね^^

在庫の管理もしやすくなります。

常備菜を入れる場所。

残り物を保管する場所。

早めに食べるもの。

などは、置く場所をだいたい決めておくと、食べ忘れも防ぐことができます^^

上手なトレーの使い方

食品をグループ分けして、トレーで管理することが上手な冷蔵庫収納の方法です。

和食セット朝食セットなど、暮らしによって、セットを作り、トレーにまとめます。

和食セットには、お漬物や海苔の佃煮、納豆など、和食の時に食卓に出すものをまとめておきます。

朝食セットは、朝食がパン食の場合、バターやジャム、ヨーグルトなどをセットにしておくと、サッと取り出せます^^

冷蔵庫のトレーの使い方

冷蔵庫の上の方の棚は、取り出しにくいので、取手がついているトレーが取り出しやすく、便利です。

例えば、ご飯セットとして、佃煮や梅干しなどをまとめて、トレーに入れます。

和食の料理のときにトレーごと食卓に出せます。

 

私は、この時ご飯セットに梅干しと福神漬をトレーに入れてセットしていました。

ここには、鮭フレークが入ったり、キムチを入れたりします^^

パンセットは、この時バターとはちみつを入れていました。

ジャムを買い足そうかな・・・。

など、なくなったものがすぐにわかるのも、トレーでひとまとめにするメリットですね^^

例えば、朝食にパンを食べるご家庭では、朝食セットとして、バターやジャム、一口チーズなどをひとまとめにしておいてもいいと思います^^

朝の忙しいときに、お子さんにお手伝いも頼みやすいですね^^

一度に使う物をトレーにまとめることで、取り出しも楽ですし、在庫の確認もしやすくなります。

ご自分のご家庭で、よく使うものをトレーにまとめておくと、とても便利ですよ^^

冷凍庫のトレーの使い方

冷凍は早く凍らせることが大切です。

早く凍らせることで、美味しいまま冷凍できます。

ゆっくり凍らせると水が出てしまい、霜ができたり美味しさを逃してしまうからです。

家庭の冷蔵庫で、なるべく早く凍らせるには、金属製トレーを使うのがおすすめです☆

↑余ったご飯をトレーに入れて凍らせています^^

引き出しタイプの冷凍庫は、

1,まず金属製トレーで凍らせます。

2,しっかり凍ったら、チャック付き保存袋に立てて収納します。

立てて収納することで、上から見ても見やすくなります。

私の冷蔵庫は、冷凍室が2段になっているタイプなので、1段目の浅い引き出しに、金属のトレーで凍らせる場所を作っています。

凍ったら、深い冷凍室に立てて収納するようにしています^^

扉タイプの冷凍庫であれば、ブックエンドを置いて、本を並べるように収納すると見やすくなりますね^^

冷凍庫の中も、定番のものであれば、収納する位置を決めておくと、買い物に行くときの、目安になります。

ダブルクリップに品名を書いて、立てて収納すると、いちいち出さなくても在庫がわかりやすくなりますね^^

まとめ

冷蔵庫の収納は、わかりやすく整理することで、食べ忘れも防ぐことができますね^^

冷蔵庫は、冷蔵、冷凍、チルドの特色を知ると、食品を美味しく保存できます。

冷蔵室は、見渡せるくらいに余裕をもたせて収納するといいですね^^

急に頂き物があったときでも余裕をもって収納しておくことで、対応しやすいですね^^

冷蔵庫は、トレーを使ってカテゴリーに分けて、収納すると、取り出しやすくて、便利です。

冷凍室は、間を開けずに入れましょう、

溶けにくくなって食品の品質が保たれやすいですよ^^

金属のトレーを使って、急速に冷凍すると、食品も美味しく保存できます。

凍った後は、立てて収納すると、見渡しやすく食べ忘れを防げますね^^

ブックエンドを使うと、立てても倒れにくくなって、便利です^^

家族の人数や、食事の好みで冷蔵庫収納も違ってきます。

ご自分の使いやすいトレーの分け方を見つけてみると、いいですね。

冷蔵庫収納に工夫すると、無駄買いや二度買いが減って食費の節約に繋がります。

食品のまとめ買いは、本当にお得なのかについても書いています。

食費の節約に興味がある方は、こちらもごらんください^^

まとめ買いは節約にはならない!?損をしないお金の使い方

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^