整理収納、お掃除のプロとして、お客様のおうちに伺うと、

片付け=苦痛

というお声をよく聞きます。

私はお片付けを仕事にしているくらいなので、片付け好きなのですが、ちょっとしたコツで、楽しく、簡単に片付けができる仕組みをつくることができます^^

私も、セミナーをお聞きしたことがある、かたづけ士の小松易(こまつやすし)さんが、片付けの極意についてお話されていたので、まとめます。

せっかくですから、大掃除をするついでにお片付けもしてみましょう^^

大掃除と一緒に片付けもするコツについてまとめますね^^

かたづけ士 小松易さん

かたづけ士の小松易さんは、生産性を上げたいオフィスや勉強に集中したい子供たちに向けて、これまで10年以上もかけて、約2万人に片付けの極意を伝授しています。

たくさんの本も出版されていて、アジアを中心に海外でも翻訳されている、とても人気のある方です。

片付けられるようになるには・・・。

日頃の自分のくせや習慣に気づくこと。

片付けは、整理、整頓、習慣です^^

整理・・・要らないモノを減らす。

整頓・・・使いやすく配置する。

習慣・・・片付いた状態をキープする。

ということができれば、どなたでも片付けることができます^^

片付けの極意

1,片付かない悪循環を断ち切る。

毎日多くの紙類が増える・・・。

片付けても片付けても片付かない・・・。

時間がない・・・。

そこには、悪循環がかくれています。

多い状態のまましまう⇒押し込む⇒隠れる⇒忘れる

この悪循環がスパイラルになってしまいます。

断ち切るには、いかに今あるものを減らすかがカギになります。

整理の4ステップの順番に片付けてみましょう^^

整理の4ステップ

1,出す

まずは、出します。

(全部出したついでに、ホコリを落とします)

2、分ける

基準を決めてわけます。

過去1ヶ月以内に使ったかどうかを基準に分けていきます。

3,減らす

捨てるを基本にします。

捨てられないものは、売る、あげるなど、行き先をしっかり決めます。

4、しまう

1でホコリを落とした元の場所にしまいます。

*出して、分けていくところで、ある程度は、減らせると思います。

ここに置くと便利かな?

別の場所の方が使いやすいのかな?

どうしてここへ置くのかという理由を考えてみると、しまう場所も決められますね^^

財布で片付け診断

片付け方は、財布を見ればわかるそうです。

レシート、カードが多い人は・・・片付けを先送りにする人

サイズが大きい人は・・・収納頼りな人

膨れ上がっている人は・・・詰め込んでしまう人

当てはまっていませんか?

これも、一旦、財布の中を全て出してみましょう。

出すことで、片付けスタートのスイッチが入ります

財布の場合も、

出す⇒分ける⇒しまう

の順に片付けます。

出す

財布もやり方は同じです^^

中身を全部出してみましょう。

全部出した財布も、ホコリが溜まっているので、大掃除

ホコリを落として、乾拭きしましょう^^

細かい部分は、小さいブラシでホコリを落とすときれいになります。

革の財布は、革専用クリーナーで磨いてあげて、お金のお家の財布に感謝して、大掃除をしてあげましょうね☆

分ける

財布の中身を分けるときは、

使った。

使わなかった。

保留。

に分けます。

1ヶ月のうちに使ったかどうかで、15秒以内で判断します。

15秒で決められないものは、保留に入れます。

保留は、このあと1ヶ月で使うか考えます。

1ヶ月以内に使わないものは、財布以外に保管します^^

しまう

使ったに分けたものは、しまっていきます。

大掃除をしたお財布は、しっかり乾拭きしてから、もとに戻します。

大掃除&片付けを始めるオススメの場所

テーブルの上

テーブルの上は、ついモノを置きがちで、端っこの方に書類が溜まっていたりしてしまいがちですよね^^

テーブルの上も、乗っているものの置き場所に戻して、テーブルの裏や脚の部分など、いつもはお掃除しないところも、大掃除してみましょう^^

玄関のたたき

玄関に出したままの靴を、片付けて、玄関のたたきも大掃除しましょう^^

ホコリを落としたら、水拭きして、しっかり乾燥します。

私は、酸素系漂白剤を溶かしたお湯で拭き、きれいな水でもう一度拭いて仕上げますが、そこまでは大変!という方は、クイックルワイパーで、ウエットシートで拭くと簡単です^^

下駄箱の上

下駄箱の上も、ついモノを置いてしまって散らかりやすいです^^;

一度全部取り除いて大掃除しましょう。

ホコリを取り、拭き掃除をして乾燥させます。

レースなどを敷いている場合、けっこうホコリがついています。

大掃除の機会に手洗いして、汚れをとりましょう^^

カギ入れなどがある場合も、ホコリが溜まっています。

ここに置いておくものなのか、もう一度確認しながら、戻していきましょうね^^

テーブルの上や玄関のたたき、下駄箱の上などは、短時間でできるところなので、片付け大掃除の取り掛かりにはぴったりです。

短時間でできるところから始めるのがコツです。

片付け大掃除のスイッチが入りやすいです^^

家族にも気がついてもらえて、

「きれいになったね!」

と言われたら、モチベーションもあがります☆

2,リバウンドは”置く”が分かれ道。

戻せないのは、戻す場所が決まっていないから。

無頓着に置いてしまうのが原因です。

散らかってしまう起点に気づき、置き方のポイントを変えていきます。

置き方のポイント

置き方のポイントは3つあります。

1,頻度:よく使うモノほど、手前に(あまり使わないモノは、奥に)

2,見つけやすさ:上から見てわかる(重ねない。縦置きにする。)

3,戻しやすさ:動作が少ない(よく使うモノは近くに置く)

*戻しやすさがないと、リバウンドします。

なにげなく置くことから散らかりが始まってしまうので、置き方に気を付けてみましょう。

3,自然と片付く習慣を身につける。

いつも片付いている状態をキープするには、

片付けトレーニングシート

が有効です^^

片付けトレーニングシートとは、片付けが習慣化するまで、忘れず毎日片付けるために、目標を書き出しておくシートのことです。

やり方は、

1,1日に1つだけ気をつける目標を紙に書いて貼っておく。

例えば、仕事から帰ってきたら、バックを定位置に置く。など。

2,チェックをつける。

よくできたか、できなかったか、印をつけていきます。

これを3週間続けます。

人は3週間やり続けることで、習慣になると言われています。

習慣になるまで、このトレーニングシートを書いていきます。

始めは小さな目標から。

できたら、また別の目標で・・・。

というようにしていくと、片付けの習慣ができてきます。

1つずつ。

チェックシートに縛られず・・・。

親子で一緒にやるのもオススメです^^

せっかくトレーニングシートを作るなら、ついでに大掃除の場所も書き込むと、一緒に大掃除にも取り掛かれます。

一気に大掃除をしようと思うと、気が重くなってしまうので、10分で終わらせられる小さな大掃除を重ねていくと、いつの間にか大掃除も終わります^^

それでもリバウンドしてしまったら・・・

整理のステップで片付けていったら、片付けだけじゃなく、考え方や行動も変わっていきます。

どんどんやりたいことが増えて、できることが増えて、プラスの連鎖になると思います^^

それでも、リバウンドしてしまったら・・・。

リバウンドは、おきてしまっても、始めよりはいいはず^^

また戻せればいいのです。

楽しさは大事です^^

楽しいからやる。

小さなことで達成感を。

これで、リバウンドしても、また自分で戻せるようになりますよ^^

まとめ

かたづけ士の小松易さんの、片付けの極意と一緒に大掃除もする方法をご紹介しました。

タイマーを活用して、短時間に区切ってやってみると、楽しくお片付け大掃除にも取り掛かれますね^^

片付かない悪循環を断ち切って、整理のステップに沿って、やってみてくださいね^^

ものの定位置を決めて、もとに戻す習慣ができると、リバウンドもしにくくなります^^

やってみてくださいね☆