大掃除のひとつに””がありますね。

掃除というと、めんどくさい・・・。

というイメージがありませんか?

大変そうですが、コツを覚えれば、簡単に大掃除ができます。

この記事では、大掃除についてお掃除のプロが実践している方法を書きますね^^

窓の大掃除の準備

用意するもの

バケツ

ぞうきん(マイクロファイバークロス)ぬらす用と乾拭き用2~3枚

ブラシ(ツインブラシやサッシブラシ)

スクイージー

です。

*ぞうきんは、なんでもいいのですが、使い古しのタオルなどは、タオルの繊維がついてしまったりします。

マイクロファイバークロスは、クロス自体のホコリがつきにくいです^^

窓の大掃除の手順

水を使う前に、ホコリをとるのが、大掃除コツです☆

ホコリを落とす

ブラシやハケで、網戸、サッシ部分のホコリを落とします。

ここで、いきなり水を使ってしまうと、ホコリと水が混ざって、泥のようになってしまい、とても手間がかかってしまいます・・・。

水を使う前に、ホコリをとるのが、最初です^^

乾いているうちなら、払うだけでだいぶきれいになります。

もし、ホコリがこびりついてしまったときは、このようなブラシの後ろ側で、軽くコンコンとホコリの固まりを崩しながら、払うと、よくとれます^^

このブラシの後ろ側は、すみっこの方の汚れにも届きます。

このように、お掃除シートを巻き付けると、すみっこのホコリも落とせます^^

網戸も、ホコリが溜まっているので、大掃除には、網戸もお掃除します。

網戸も、網目にホコリが詰まっているので、サッシ同様ブラシをかけて、ホコリを落とします。

網戸のホコリ落としには、洋服用のブラシでもホコリをよく取ることができます^^

ホコリ落としのお掃除方法を書いた記事は、こちらからどうぞ☆

最初にできるだけホコリをとってしまうと、後がラクです^^

網戸を拭く

ホコリを落としたら、網戸を水拭きします。

固く絞った、ぞうきん(マイクロファイバークロスなど)で上から拭いていきます。

あらかじめホコリを落としているので、サッと拭くだけできれいになります^^

外側の窓を拭く

窓は、外側から拭いていきます。

外側から拭いたほうが、内側を拭くときに、汚れの吹き残しに気が付きやすいからです^^

水を多めに含ませたぞうきんで上から拭いていきます。

このとき、水が垂れてくるくらいに水を含ませて大丈夫ですよ^^

スクイージーで水分を拭き取る

DSC_0453

端から、スクイージーをかけていきます。

窓を4分割して、左上、右上、左下、右下と拭いていくと、効率よく拭けます。

取り切れなかった水分を拭く

スクイージーで取り切れなかった水分は、乾いたぞうきん(マイクロファイバークロスなど)で拭き取ります。

内側の窓を拭く

外側が拭き終わったら内側です。

内側も、手順は、外側と同じなのですが、下に水が垂れてしまうと、お家の中を汚してしまうので、タオルなどで養生しておくと安心です^^

サッシレール部分を拭く

最後にサッシレール部分を水拭きします。

汚れがひどいときには、使い捨てのペーパーを使うと後片付けが簡単です。

水に強い”洗えるキッチンペーパー”が便利に使えます^^

何度も洗うことができますし、最後のぞうきん洗いの手間が減るので、掃除のハードルが下がりますね☆

 まとめ

大掃除コツについてまとめました。

手順をふめば、思ったよりも時間もかかりません。

ホコリ落とし⇒網戸⇒外側⇒内側⇒サッシレール

の順に掃除していくと、効率よくキレイになります。

水でぬらす前に、乾いた状態でとれる汚れは、とってしまうと、水拭きのときにラクです^^

スクイージーは、浴室などの水分を取るときにも便利使えます。

ひとつ持っていると、便利ですよ^^

浴室のカビ予防についての記事はこちらからどうぞ☆

がキレイだと、お部屋も明るくなって、すっきりと新年を迎えられそうです^^

ぜひ、大掃除コツ

参考にしてみてくださいね☆