食器は、お料理を楽しくするアイテムのひとつ。

つい重ねすぎて、大切な食器が欠けてしまったり、お気に入りの食器が取り出しにくくて、使いづらかったり・・・。

食器棚収納の見直しも、ご依頼いただくことが多いです^^

収納のプロの食器棚と、使いやすい収納コツ

そして、食器棚大掃除についてまとめますね^^

年末の大掃除と一緒に、食器の見直しもしてみましょう。

食器棚の大掃除

頻繁に、開け閉めする食器棚の中は、以外とホコリが入ります。

毎日使っている食器は、キレイですが、たまにしか使わない食器は、いざ使おうとしたとき、ホコリがついていることもあります。

食器棚の上のホコリを取り除くのも、大掃除のひとつですが、食器棚の中のホコリも落としましょうね^^

ついでに、食器の見直しもすれば、気分も変わって、お料理も楽しくなる使いやすい食器棚収納になりますよ^^

食器棚の大掃除の手順:外側編

食器棚の外側の大掃除は、

1,食器棚の上のホコリを落とすこと。

2,ガラスを拭くこと。

3、取っ手の手あかを取ること。

の3点を大掃除としています。

*ホコリを落とす

食器棚の上のホコリを落とします。

伸び縮みするタイプの使い捨てのモップなどが便利です。

我が家の食器棚は、上部がザラザラした素材。

モップの毛がからみついて、とてもホコリを落としにくいです・・・。

プラダン(プラスチック製のダンボール)など、ツルツルしたシートを敷いておくと、ホコリ落としが楽にできます^^

*拭く

食器棚の扉などを拭いていきます。

マイクロファイバークロスを使えば、洗剤がなくてもきれいになります。

ガラスも、ぬれたマイクロファイバークロスで拭いた後、乾いたマイクロファイバークロスで拭き取れば、拭き跡も残りません^^

マイクロファイバークロスは、ホームセンターや100円ショップに売っています。

*仕上げる

取っ手は、仕上げにアルコール除菌します☆

私は、キッチン用のアルコールスプレーを、キッチンペーパーに吹きかけて、除菌します^^

食器棚の大掃除の手順:内側編

1,食器を出す。

食器を出していきます。

このときに、使っている食器、使っていない食器、これから使いたい食器などに分けながら、出していきます

2,棚をアルコール除菌する。

食器を全部出したら、アルコール除菌します。

食器棚の中は、水で拭くよりも、早く乾燥して、除菌もできるので、オススメです^^

私は、雑巾ではなく、キッチンペーパーで拭き取っています。

後で、雑巾を洗う手間がなくて、手軽にできます^^

3,よく乾かす。

アルコールなので、すぐに乾きますが、少し乾燥させます。

その間に、長い間使っていなかった食器の見直しもしましょう。

使わなかったけれど、捨てるのは惜しい・・・。

という食器は、一度使ってみるのがオススメです^^

洗っておくと、いつでも使うことができますね^^

4,使用頻度が高いものをしまう。

使用頻度に合わせて、食器を使いやすい位置に戻します。

腰の高さから、目線の高さ

が使いやすい位置です^^

よく使う食器は、腰から目線の高さに並べていきます。

さらに、右手で食器を取り出す方は、右側の方が、より取り出しやすいです。

まずは、よく使う1軍の食器たち。

こんな感じに並べました^^

1段には、1種類の食器を入れています。

重ねても、2種類までにしておくと取り出しやすいです。

1軍の食器の中でも、よく使うものを前の方に置きました。

奥も、詰め込みすぎると使いにくくなるので、前後2種類くらいまでとしています。

5,使用頻度が低いものをしまう

上段に、あまり使わないけれど、時々使うものを入れました。

使用頻度は低いですが、この1年の間、何度か使いました^^

6,さらに使用頻度が低いものは、別の場所に

今回、食器棚大掃除をしながら、見直した食器はこちら。

ちょっと大きめのグラタン皿です。

2~3人分のグラタンが入ります。

サイズも形もかわいいので、気にいっていますが、重いので、なかなか使わなくなってしまいました。

今は、ひとり用のグラタン皿を使うことが多くなったことと、最近グラタンをあまり作らなくなってきたことも、使わなくなった原因です。

さらに使用頻度が低い、食器を入れている下段に入れました。

何回か見直しているので、今回処分するものは、ありませんでした^^

このグラタン皿も、グラタン以外の使い方を考えてみたりして、もう少しとっておきます^^

また、食器の見直しをするときまで、考えることにします☆

大掃除をしながら、食器の見直し

食器棚大掃除は、

・外側や食器棚の上のホコリを落とす。

・ガラス面を拭く。

・取っ手の手あかを落とす。

の外側編と、

・食器棚の中の食器を出す。

・食器を見直す。

の内側編があります。

全部を1回にするのが大変なときには、分けて大掃除してもいいですね^^

よく使う食器と、あまり使わない食器が一緒に入っていると、サッと使いにくくなるので、すぐに捨てなくても、分けておくだけで、使いやすい食器棚にするコツです^^

まとめ

年末、食器棚大掃除のついでに、食器の見直しもしてみました。

私は、食器棚の上のホコリや、扉やガラス面の手あかの掃除を大掃除にしています。

時間を短く区切って大掃除するのも、疲れないコツです。

15分で食器棚の外側を。

15分で、食器を出す。

15分で、棚を拭く・・・。

など、タイマーをかけて、休憩しながら大掃除するのも、無理なく大掃除をするコツです^^

食器棚の中も、以外とホコリがあるものです。

食器棚の中の大掃除のついでに、食器の見直しもしてみましょう。

食器にも、白で揃えたい時、色のついた食器を使いたい時と、マイブームが時々やってきますよね^^

食器を変えるだけで、同じ料理でも、見え方が違ってくるので、楽しいです^^

その時、その時で、よく使う食器とあまり使わなくなった食器が出てくると思います。

食器棚の棚の位置ひとつ変えただけで、使いやすくなるので、腰~目線の位置を意識して、食器をしまってみてくださいね^^

”今使うものを、使いやすい場所に置く”

というのが、どの収納にも共通するところです^^

食器棚大掃除と一緒に、出しやすく、しまいやすい食器の収納見直しもしてみてくださいね☆