冷蔵庫は、食品を保存しておくところなので、清潔に保ちたいですね^^

冷蔵庫の年末の大掃除には、除菌することをメインに、大掃除としています。

冷蔵庫も、大掃除とともに、食品の見直しをします。

収納とお掃除のプロとして活動している、私の冷蔵庫大掃除コツについてまとめました^^

冷蔵庫の大掃除

冷蔵庫の外側

冷蔵庫の上

冷蔵庫の周りは、静電気などで、ホコリがつきやすいです。

ハンディモップなどで、ホコリを落としましょう。

100均などでも売られているすきま用のモップも便利です^^

ホコリを落としたら、水拭きします。

冷蔵庫の扉

冷蔵庫の扉は、手あかや雑菌がついています。

アルコールスプレーなどで、除菌します。

冷蔵庫の中

1,全部出す。

冷蔵庫に入れている食品を全部出します。

長い時間、食品を冷蔵庫から出して作業すると、傷んでしまうこともあるかもしれません。

食品が傷んでしまわないように、冷蔵庫の中の食品の量が多い時には、少しずつやっていきましょう。

発泡スチロールの箱などに入れながら作業すると、安心ですね^^

買い物前の、冷蔵保存の食品が少ない時を見計らって、冷蔵庫大掃除をしてもいいですね^^

2,冷蔵庫の棚を拭く。

冷蔵庫の中の棚をアルコール拭きします。

アルコールスプレーをキッチンペーパーなどに吹きかけ、拭いてもいいですし、アルコール除菌のウエットシートで拭いてもいいです。

棚の汚れがひどいときには、棚を外して、シンクの中で洗います。

水分を拭き取って、よく乾かし、アルコールで除菌して、棚を戻します。

3,食品を戻す。

賞味期限を確認して、食品を戻していきます。

賞味期限が近づいているものは、前の方に出し、早めに食べます。

私は、2段目を朝食で食べるもの。

3段目は、夕食の時に出すもの。

4段目は、早めに食べるもの。

とざっくり分けています^^

1番上の段は、炭酸水、卵の買い置き、カレーのルーを置く定位置になっています。

チルド室には、未調理のものを入れています。

だいたいの場所を決めておくことで、食べ忘れがなくなります^^

 

製氷機の大掃除

製氷機は、中の水を取り替えたり、掃除しやすい部分はキレイにできますが、製氷機の内部や、パイプなどは、お掃除が難しい場所ですね^^

冷蔵庫製氷機大掃除します。

専用のクリーナーも市販されていますが、お家にいつもあるお酢でのお掃除が手軽です。

口に入るものなので、食品であるお酢できれいにできるなら、安心です^^

やり方は、とても簡単です☆

1,水を製氷機の3分の2まで入れます。

2,残りの3分の1は、お酢を入れます。

3,普通に氷を作ります。

4,できた氷を処分して、もう1度水で氷を作ります。

この氷を捨てたら、お掃除完了です^^

お酢のにおいが気になる場合には、4番からを繰り返します。

お酢は、酸性なので、アルカリ性の水垢をきれいにしてくれて、除菌もしてくれます。

お酢での洗浄中は、お酢のにおいが冷蔵庫に充満します・・・^^;

お酢で洗浄して、もう一度水で洗浄するには、約2日かかります。

におい移りが気になる食品が入っている時は、避けた方がいいかもしれませんね^^

冷蔵庫大掃除のときには、お酢を使った製氷機の掃除をしますが、製氷機は、週に1度の水洗いをした方がいいようです。

カビや水垢などで雑菌がつきやすいところなので、水洗いはマメにしましょうね^^

まとめ

日頃、収納とお掃除のプロとして活動している、私の冷蔵庫大掃除について、まとめました。

冷蔵庫外側は、静電気などで、ホコリがつきやすいです。

冷蔵庫の上部や、横、下側のホコリ落としをします。

ホコリを落とす、ハンディモップは、すきま用も便利です。

針金ハンガーにストッキングを被せたものも、すきまのホコリ取りに使えます^^

冷蔵庫内部は、あまり気温が高くない今の時期だと、食品の鮮度も保てますね。

発泡スチロールの箱などを活用すると、冷凍のものも溶けにくくてオススメです。

一度に全部出してしまうと、食品に鮮度が落ちますので、冷蔵、冷凍、冷蔵扉部分・・・と分けてやるといいと思います^^

トレーなどを使うと、出し入れしやすく、大掃除にも取り掛かりやすいですね。

汚れも掃除しやすいです^^

トレーを使った、冷蔵庫収納の記事も書いています。

冷蔵庫収納の記事はこちらからどうぞ☆

これから、年末、食品の出し入れも多くなります。

いただきものを入れるスペースも作りながら、冷蔵庫大掃除をしてみてくださいね^^