リビングクロークという収納方法をご存知ですか?

リビングは、家族みんなが集う場所なので、いろいろなものが集まります。

ティッシュや、爪切り、紙類など・・・。

生活感あふれるものが多いのも、リビングにありがちですね^^

掃除をしても、なんだか散らかる・・・。

という悩みを持つ方は多いと思います。

TV番組の【梅沢富美男のズバッと聞きます!劇的片付け法】で、住まい方アドバイザーの近藤典子さんが出演。

リビングが片付く収納方法として、リビングクロークの提案を放送していたので、まとめますね^^

リビングクロークとは?

リビングクロークとは、近藤典子さんが提案する、リビングの中に収納スペースを作るという方法のことです。

リビングは、狭くしても広く使えるようになるという方法で、リビングの中に収納スペースを作るという提案です。

リビング自体は、狭くなってしまうのですが、収納スペースを作ることで、生活感のあるものは、まとめて収納してしまうという考え方です。

リビングクロークのコツ

リビングクロークは、テレビの後ろに収納スペースを作ります。

入り口は、2つ作ります。

入り口を2つにする理由は、収納のスペースに、奥と手前を作らないようにするためです。

入り口を1つにすると、手前と奥ができます。

奥の方にしまったものを、取り出すのも面倒だし、奥の方にものを突っ込んで散らかりやすくなってしまうからですね^^

手前も奥も、入り口をつけることで、どちらからも取り出しやすくなります。

なので、扉は2つ付けるか、もしくは、扉をつけず、通り抜けられるように作るのが、リビングクロークのコツになります。

リビングクロークは、リフォーム業者にお願いしなくても、自分で工夫してDIYで作ることができます。

リビングクロークでお悩み解決!

番組では、タレントの金田朋子さん、森渉さん夫妻のお宅のお悩みをリビングクロークで解決していました^^

お悩みは、

・子供のおもちゃが溢れている。

・洋服も収納しきれず、出たまま。

です。

子供が小さいと、リビングで過ごすことも多いので、子供用品は、集まりますよね^^

生活感のあるものも、出ている状態なので、雑然として見えます。

このお悩みをリビングクロークを作ることで、解決します^^

リビングクロークの作り方

まず、家具の配置を変えます。

テレビは、テレビ台の上に置き、壁に付けておくことが多いと思いますが、テレビ台を前にだし、後ろ側のスペースを空けます。

そこに、通販でも購入できる、天井つっぱり本棚を設置します。

●クーポン500円OFF●送料無料 天井つっぱり本棚 オシャレなラック スラスト 幅60cm 奥行26cm 扉付 スリム 薄型 大容量 オープンラック 壁面 収納 耐震 突っ張り リビング 絵本棚 木製 コミック 文庫本 絵本 おしゃれ 食器棚 キッチン 頑丈 ディスプレイ ブックシェルフ

価格:16,800円
(2019/1/27 10:39時点)
感想(2件)

この、天井つっぱり棚のテレビ台の幅に合わせて、設置することで、テレビのバックヤードに収納スペースを作るのですね^^

この時に、両側にスペースをとり、通り抜けられるようにします。

向かい合わせにも棚を設置して、テレビの裏側に、生活感が出てしまうものなども、収納しておくと、くつろぐリビングに雑多なものを置いたままにしないですむというわけですね^^

リビングクロークのコツ

棚の奥行は、30センチ

リビングクローズとして、設置する棚は、深すぎる奥行きは、必要ありません。

棚の奥行きは、30センチほどあれば、いいそうです。

CD・・・12センチ

単行本・・13センチ

DVD・・・14センチ

冊子・・・21センチ

と、散らかりやすいものは、だいたい30センチの奥行きがあれば収まります^^

通路となるスペースは、60センチ

両側に空けた通路となるスペースは、60センチ取りましょう。

60センチあれば、例えば、赤ちゃんを抱っこした大人の男性が、ラクに通り抜けられるサイズだからです^^

棚の両側の平面には、フックを付けると便利

天井つっぱり棚の両側の部分には、帽子やカバンなどをかけられるフックを取り付けると、便利です^^

床に置いてしまうことは、散らかる原因になります。

つい床置してしまうものの、定位置を作っておくと、散らかりにくくなりますね。

リビングが雑然として、子供のものが収納しきれていなかった金田さんご夫妻は、まとめて収納できるスペースが出来て、お悩みは解決されたようです^^

まとめ

梅沢富美男のズバッと聞きます!

で放送された近藤典子さんが提案していた、リビングクロークという考え方について、まとめました。

私の感想ですが、壁が少ない我が家の場合、テレビの後ろにリビングクロークを作ることは、難しいなと思いました。

また、天井からつっぱる本棚を、壁に付けずに設置することも、地震などで倒れないのかなという心配もあります。

ただ、リビングの中に収納するコーナーがあるのは、いいですよね^^

生活感のあるものは、色も形もバラバラで、まとまりにくくなります。

一箇所にまとめて収納すると、くつろげるリビングをつくることができますね^^

リビングクロークを作るときは、つっぱり本棚の耐荷重を確認して、重たいものは、下の方に収納すると、安全かなと思います^^

リビング収納については、こちらの記事にも書いています^^

【あさイチ】片付けのコツは、”わける”こと リビングのスッキリ収納術

リビングの収納には、何を入れる?収納の仕方のコツやおすすめは?の記事はこちらからどうぞ☆

リビングクロークの記事も書いています^^

リビングクロークで、すっきりなお部屋に!簡単に手作りもできる収納術の記事はこちらからどうぞ☆

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^