お客様のお家に伺っていて、よく聞くのが

”片付けないと、旦那文句を言う”

という言葉。

どうして、わたしばかり文句を言われなければいけないの?

頑張っているのに・・・。と、少し悲しくなりますよね。

家事お片付けも、今日やったらそれで終わりではありません。

毎日、散らかるし、ご飯も食べます。

その繰り返し。

だから、頑張らないで暮らせるといいなと思います^^

頑張らない家事

 

私には頑張りやさんの叔母がいます。

いつもくるくる動いています。

とっても明るくて大好きな叔母だけど、お家の中はどこかすっきりしていません(T_T)

行動を見ていると、

洗濯の場合

・洗濯機の場所

・物干しのピンチを置く場所

・干す場所

・しまう場所

がバラバラです。

これでは、

洗濯が終わって

・干して

・畳んで

・しまう

のが面倒。

干して取り込んだ洗濯物を

一旦、ソファの背もたれに置きたくなるのも、わかります。

主婦は、洗濯だけに時間を使っているわけではないですよね^^

置いたまま別の家事に取り掛かる→畳むのは後回し→そのまま放置・・・。

になってしまいがちです^^;

そこで、

洗濯機のそばに、洗濯ピンチを置く。

・ポールなどを設置して、その場でかける

物干しへGO!

(洗濯物を干す場所が、洗濯機の近くにあると、さらに移動の時間が短くなって、洋服を放置することも少なくなります。)

乾いたら、

ピンチごと取り込んでそのままタンスの前へ。

ピンチからはずして、畳んでしまう

ピンチを洗濯機に置く

また、ハンガーに掛けられるものは、ハンガーに掛けて干すと、畳まず、そのまま掛けられて畳む手間が減ります。

シワが気にならない、下着やタオルは、畳まなくても平気!

ポンポン引き出しに放り込む!

そのとき、1段の引き出しには、1アイテムにしておくと混ざらなくていいですね^^

頑張らなくてもいいところには、時間と手間をかけず、手を抜きましょう^^

旦那さんが文句をいう訳

旦那さんが、よく文句を言うことは、どこですか?

リビングの片付けですか?それともキッチンの片付けですか?

ちょっと、観察してみましょう^^

文句を言うタイミングはいつですか?

仕事から帰ってきたとき?お風呂に入ったあと?

旦那さんの特徴を覚えて、そのタイミングを、一日一回の片付けの時間にしてしまうのです。

 

ポイントを押さえて楽をする

片付けのタイミングがわかったら、その時間に合わせて片付けタイムをつくりましょう^^

リビングの場合には

床に物を置かない

テーブルの上には何も置かない

これだけで、オッケー☆

キッチンの場合は、

床に物を置かない

シンクの中を空っぽにする

これだけで、片付いている印象になります。

まとめ

暮らしていれば、毎日散らかって当たり前です。

旦那さんがどうして文句をいうのか、観察してみましょう^^

いつも文句をいう場所と時間を知ったら、それに合わせて

片付けリセットタイムを作りましょう。

那旦さんがよく目につく場所の、”床と置きやすい台の上”がポイントです!

ある程度お片付けができていれば、お掃除があまりできなくても、きれいに見えます。

いつも片付けてるのに、何かすっきりしないという方も、ポイントを抑えて、片付けて見てくださいね☆