自律神経不調は、身体の様々な症状を引き起こします。

身体の不調を訴えて病院に行っても、なにも原因がわからない・・・。

というとき、自律神経が原因かもしれません。

自律神経不調で起こる症状と、自宅でもできる改善法についてまとめますね^^

自律神経の不調で起こる症状

自律神経不調で起こる症状は、身体のいろいろなところに起こります。

めまい

立ちくらみ

頭痛

肩こり

腹痛

手のしびれ

ほてり、冷え

など・・・。

不安に思うとさらに症状がひどくなることもあるそうです。

自律神経のバランス

自律神経は、交感神経副交感神経があり、バランスがとれていないと、身体に不調があらわれてきます。

・気温や、気圧の変化

・睡眠不足

・人間関係

・結婚

などの原因で自律神経が乱れてしまうこともあります。

環境の変化が自律神経の乱れの原因でもあるので、結婚のように、幸せなことでも引き起こしてしまうことがあるそうです。

自律神経の乱れは、女性だけでなく、男性にも起こる症状だそうです。

自律神経の不調を改善する方法

自律神経の乱れからなのかストレスがかかると、腹痛や下痢を引き起こしたりすることがあります。

番組では、自律神経によりお腹の不調を訴えた方を例に紹介していました。

車で遠出したり、トイレにすぐに行けない場面になると、腹痛と下痢になってしまうそうです。

車で出かけても、”渋滞”になるだけで、反応してしまい、出かけることができなくなってしまうことも・・・。

そんな、自律神経不調改善するには、

1,理解者を見つける。

何が原因で、身体の不調があらわれるのか、わからないということが、不安になってしまいますね・・・。

わかってくれる理解者(医師)を見つけることで、不安が減ります。

2,専用の処方薬を出してもらう。

自律神経による身体の症状に合わせて処方してもらった薬によって、ストレスが改善されます。

3,成功体験を積み重ねて行く。

処方された薬を飲むことで、安心できてお腹の不調が少なくなってきたりするそうです。

少しずつ、成功体験をしていくことで、自信をもつことができますね^^

自律神経は、気持ちの問題もおおいにありますが、自分ではコントロールできないのも、厄介ですよね・・・。

理解者を見つけて、症状を抑える方法がみつかると、とても安心して過ごすことができますね^^

首のコリの解消で自律神経の不調を改善

自律神経と、首のコリには、深い関係があるそうです。

首の筋肉が緊張して、血流が悪くなることにより、自律神経が乱れることの原因にもなっています。

首のコリを自宅でもできる、ストレッチで改善できるそうです^^

自宅でも簡単にできる3つのストレッチです^^

1,イスに座って姿勢を正し、両手を頭の後ろに置きます。

肘を張るようにして、そのまま、30秒イスの背もたれにもたれます。

肩甲骨の周りの筋肉を伸ばすことを意識してストレッチしましょう。

頭の重みから解消してあげることで、首のコリが改善されます^^

2,鎖骨に手をあて、ヒジの先を大きく回します。

クロールと背泳ぎをする感じで、前に3回、後ろに3回ゆっくりと回しましょう。

水泳の動きは、肩こりの解消にも効果があります^^

肩こりに効く食べ物と体操☆”アーモンドとはちみつ”と”ひとりメドレー体操”で美味しく簡単にコリを解消の記事はこちらからどうぞ☆

3,首をゆっくり回して、筋肉をほぐします。

首の筋肉は使わず、頭の重みを使って回していきます。

1周を20秒ほどかけて、左右1回ずつ回します。

頭の重みを使うのがポイントです。

少しストレッチしてみて、強い痛みを感じる方は、無理はしないでくださいね^^

まとめ

自律神経不調症状と自分で改善できる首のコリを解消する方法について、まとめました。

私も自律神経の乱れにより、体調が悪いのに原因がわからず、不安に思った時期があります。

女性の場合、更年期のため自律神経が乱れてしまうことがあります。

首のコリにも関係があるということなので、私もストレッチを試してみようと思います。

季節の変わり目は、自律神経も乱れやすいそうなので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

自律神経についての記事は、こちらにもまとめています^^

よろしければご覧くださいね^^

【ごごナマ】自律神経をセルフケアで整える。更年期や不眠の悩みも軽くなる!

つらい頭痛の原因は自律神経の乱れかも!?私が体調不良を乗り切るためにした対策5つ

マインドフルネスとは?効果的な瞑想と呼吸法で自律神経を整える