梅雨は、ジメジメして湿気が家にこもってしまいます(T_T)

洗濯物は乾かないし、生乾きにしてしまうと、におったりしますよね。

そのにおいは、カビが原因だったりします。

カビは、においだけでなく、健康にも影響があります。

ヒルナンデス!では、梅雨の洗濯機やキッチン、寝室のカビ対策について特集していたので、まとめますね^^

洗濯機

洗濯槽は、洗剤の石鹸カスと水分が、カビの栄養になり、カビが生えやすい環境です。

洗濯機についたカビは、衣類にも付着して、においを発生させる原因になるので、定期的に洗濯槽のお掃除が必要になります。

洗濯機のカビが危険な訳

洗濯槽のカビをそのままにしておくと、においだけでなく、カビによるアレルギーや肺炎の原因になってしまうことがあります。

梅雨の時期には、特にカビが生えやすいので、気をつけましょう。

洗濯機のカビを防ぐ方法

洗濯機のカビを防ぐ方法は、

1,洗濯機のフタは、開けておき、乾燥させるようにする。

2,洗濯機の中に洗濯物を入れたままにしない。

3,2ヶ月~3ヶ月に1度は洗濯槽の洗浄をする。

というのが効果的です。

洗濯機は、ドラム式の洗濯機の方が水を使う量が少ないため、カビが生えにくいそうです。

洗濯槽のお掃除については、こちらの記事に詳しく書いています。

よろしければごらんくださいね^^

洗濯槽のお掃除にコストコのオキシクリーンがおすすめ☆カビを除去する効果的な使い方

キッチン

排水口のカビ

排水口にもカビは、生えやすいです。

食品を扱う場所なので、カビの発生には気をつけたいですね^^

排水口のゴミ受けの中に、丸めたアルミホイルを2~3個入れておくと、カビの防止になります。

排水口のゴミ受けに、アルミホイルを入れることで、水と反応して金属イオンが生まれ、防カビ効果があります。

食器洗いカゴのカビ

食器の洗いカゴは、水分が溜まったままになりやすいので、カビが生えやすい場所です。

週に1度は、食器用洗剤とスポンジで、洗いましょう。

また、食器を洗って拭いたら、食器洗いカゴも最後に水気を拭き取ると、カビがつきにくくなります^^

蛇口のカビ

食器洗いのときに、はねかえった食べカスで、キッチンの蛇口にもカビが生えていることがあります。

シャワーヘッドのタイプは、特にカビが生えやすいです。

蛇口も時々食器洗い洗剤でお掃除しましょう。

寝室

枕のカビ

は、頭の皮脂や汗でカビが生えやすくなっています。

枕カバーは、1週間に1度はお洗濯しましょう。

枕は、ポリエステル綿の素材が、軽くて乾きやすいので、カビが生えにくいそうです。

エアコンのカビ

エアコンのホコリにも、カビが含まれています。

エアコンの風と一緒に、ホコリやカビが舞い上がります。

フィルターと、吹き出し口のお掃除はマメにしましょう。

フィルターは、裏側からシャワーをかけて洗い流すと、ホコリと一緒にカビもお掃除することができます。

水気を拭き取り、乾かしてから取り付けましょう。

エアコンの吹き出し口もホコリやカビが溜まるところです。

エアコンの吹き出し口のホコリとカビのお掃除には、

割りばし+キッチンペーパー+輪ゴムで作るお掃除棒を使います^^

割りばしにキッチンペーパーを巻き付け、輪ゴムでとめたお掃除棒に水をつけてよく絞り、吹き出し口のお掃除をすると、効果的です^^

*エアコンのお掃除をするときには、スイッチを切り、コンセントを抜いてからお掃除してくださいね^^

まとめ

ヒルナンデス!では、梅雨カビ対策として、洗濯機やキッチン、寝室のカビのお掃除について放送していました。

水気がいつも溜まりがちな洗濯機やキッチンは、カビが溜まりやすい場所です。

カビは、そのままにしておくと、アレルギーや肺炎の原因にもなるので、特に、梅雨の時期には、気をつけたいですね。

これからの時期に使うエアコンは、今のうちにお掃除をしておくと、夏からも安心です^^

ちょっとしたひと手間でも、カビを発生させにくくできるので、ぜひ試してしてくださいね^^