生姜焼きは、時間がたつと固くなってしまうことがありますよね。

やわらかい生姜焼きを作るには、はじめに湯煎することがポイントです^^

冷たくなってもやわらかいままの生姜焼きは、お弁当のおかずにもぴったりですね。

固くならずやわらかいままで食べられる生姜焼きレシピを【あさイチ】で紹介していたので、まとめますね^^

やわらかい生姜焼きのレシピ

材料

(下味)

薄切り豚もも肉  200グラム

すりおろししょうが  大さじ1

しょうゆ味のドレッシング  大さじ4

(焼く時用)

油  大さじ1

すりおろししょうが  大さじ2分の1

作り方

1,チャック付きのジッパー袋に、豚もも肉、しょうが、ドレッシングを入れて揉み込みます。

2,ジッパー袋の口は、水が入らないようにしっかりと閉めます。

3,ボウルなどに、40℃(お風呂の温度ほど)のお湯を入れて、2の袋を入れて湯煎します。

(湯煎することで、1晩漬け込んだ効果があります。)

4,火をかける前の、冷たいフライパンに油大さじ1とすりおろししょうが大さじ2分の1を入れて、火にかけます。

5,プツプツと泡が出てきたら、湯煎した豚肉を入れて、中火にかけます。

6,2分焼いたらできあがりです^^

やわらかい生姜焼きレシピのポイント

1,やわらかい生姜焼きを作るには、焼きすぎないことがポイントです。

2,湯煎することで、味がしっかりとなじみ、焼き時間を短くできます。

味のバリエーションも変えられる

ドレッシングを変えることで、やわらかい生姜焼きのバリエーションも広がります。

フレンチドレッシングにすると・・・。

酸味でさっぱりとした味わいになります。

ゴマドレッシングにすると・・・。

豚しゃぶ風のクリーミーな味わいにすることができます。

普通の生姜焼きの味には、しょうゆ味のドレッシングがいいですが、ドレッシングを変えると、洋風、中華風と生姜焼きも作れますね^^

やわらかい生姜焼きレシピのまとめ

【あさイチ】のしょうが特集で紹介していた、冷めてもやわらかい生姜焼きのレシピをまとめました。

冷めても、時間がたっても柔らかいままで美味しい生姜焼きを作るには、湯煎することがポイントです。

湯煎することで、下味もしっかり染み込みますし、焼き時間を短くすることができるので、やわらかい生姜焼きを作れます。

味付けもドレッシングを使うので、簡単ですね^^

ドレッシングには、酢や油が含まれています。

には、肉に水分を含ませる効果があり、やわらかくジューシーな生姜焼きになります。

は、肉が固くならないようにコーティングする役割があります。

しょうがは、残暑きびしいこの時期、夏の疲れをとるのにも効果的です。

ぜひ、やわらかい生姜焼きレシピを試してみてくださいね^^

しょうがは、コストコで安く買えます^^

冬にはかかせない生姜がコストコで激安!大量消費レシピと保存法☆

こちらの記事も参考にしてみてくださいね^^