少なめのもので過ごしだして、10年ほどになります。

物が少なくて不安じゃない?

なんでもかんでも捨てるの?

など不思議に思われることしばしばです・・・笑

私は十分にものを持っていると思っているし、今の世の中必要なものはすぐに手に入れられます。

少ないもので暮らしていてとても快適なので、ミニマルな暮らしをしているメリットをまとめますね^^

ミニマルな暮らしのメリット5つ

1,掃除が楽

置いているものが少ないので、掃除が楽です。

まず飾り物、出して置いているものを少なくするとホコリが溜まりにくくなります。

収納するものや家具なども少ない方が掃除をしているときも移動することが少なくてすみます^^

飾り物もお気に入りを厳選して飾ることで、お掃除も楽ですしホコリにもすぐに気がつけてお掃除しながら飾っているものを楽しむことができています。

2,片付けが楽

片付けは使ったあと、すぐにもとに戻すということがカギになってきます。

使ったものを戻しやすい仕組みづくりも大切かとは思いますが、戻す場所がたくさんあることが片付けが面倒になることも・・・。

ものが多いということは、しまう場所もそれだけ必要になるということ。

持ち数を少なくすることで、自然に片付けが楽になります。

3.使い忘れることが少ない

洋服の場合など買った服を初めは着ますが、たくさんの服があるとそのうち忘れて同じようなものを買ってしまったり、着ることを忘れてしまったり・・・。

使ってこそのものなので覚えていられる数を持っている方が使い忘れることが少なくなります。

買い物に行くときにも、組み合わせがすぐに浮かんで失敗することもあまりなくなりました。

4.探しものが少ない

ものが少ないと、収納の中もしまっているところの見晴らしがよくなります。

引き出しひとつとっても、探したいものが見つかりやすいです^^

朝の忙しい時間の探し物は、気持ちの焦りがどっと疲れてしまうことも・・・。

ものを少なくして、置き場所の定位置を決めるとそれだけでずいぶんとストレスになることが減る気がします。

5,節約になる

使い忘れることが少なくなることとも関係しますが、食料品など冷蔵庫内も覚えていられる数にしていくことで食品ロスがなくなり節約になります。

買い物に行くときにも必要なものがすぐにわかります。

冷蔵庫内の写真をとって買い物にいくと、あれ?まだあったっけ?というときに確認もしやすくて便利です^^

洋服もある程度把握しておけるので、同じようなものをダブって買わなくなり節約につながります。

ミニマルな暮らしでも気をつけること

ミニマルなもので暮らすことのメリットをお話しましたが、このご時世です。

自然災害やもしものための蓄えは、安心のためにも持つことが必要ですよね。

私も東日本大震災のあと、災害に備えることを意識しました。

私は夫とふたり暮らしなので、備蓄しておくものもそんなに数はいりませんが、ご家族が多い方は3日分の食料だけでも結構な量になりますね。

ただこれは必要最低限の暮らしをするミニマリストといえども、必要最低限の必要なものの中に入ります。

だからこそ、これらのものを収納するために、日常的に使うものは少なくすることを心がけるべきかな・・。と思うのです。

まとめ

少ないもので暮らしていることでのメリットについてお話しました。

お掃除が楽だったり、捜し物がなくなるということは、自分の時間が増えるということ。

その時間でお茶を飲んだり、ちょっとお料理に時間をかけてみようかな。。

という心の余裕にもつながっていく気がします。

こういう私もかつてはたくさんのものを持って生活していました。

パズルのように押入れに隙間なく収納して、ぴっちり収まった押入れを見て満足したものです。

ただこれをキープするのは結構たいへん。

体調の良い日はもとに戻せますが、そうでない日は数日散らかったままなことも・・・。

私の場合は”一気に処分する”という強行手段でものを減らしました。

これは人それぞれ。

処分することに抵抗がある方も、手放すものを選ぶことに時間がかかる方もいらっしゃって当然です。

自分の暮らしですもの、自分のペースで進むのが一番かな。と思います^^

ぜひ少しずつでも試してみてくださいね。