娘が結婚して1年。

里帰り出産のために帰ってきました。

里帰り先での産院に通う時期から出産後1ヶ月検診が終わるまで、約5ヶ月の間我が家にいることになります。

娘が結婚してから、夫婦ふたり暮らしになった我が家もにぎやかに暮らせることを指折り数えて待っていました^^

ところが疲れのためかあと3週間というところで体調を崩してしまいました(泣)

里帰り出産は迎える側も疲れてしまいます

できるだけ疲れをためないで里帰り出産を送るコツをまとめますね。

里帰り出産は迎える方も大変!

結婚して知り合いもいない土地にお嫁にいった娘は、コロナウイルスの影響もあり、母親学級なども行われなかったので、お友達もできないまま・・・。

里帰り出産できることをとても楽しみにしていました。

つわりもひどかったこともあり、日々の家事をこなすことも大変だったようです。

里帰りしてゆっくりしたいと思っていたことでしょう。

私もしばらく夫婦ふたり暮らしだったので、娘と産まれてくる赤ちゃんとの生活を楽しみに。

できるだけのことをしてあげようとはりきっていました。

しかし、夫婦ふたりののんびり暮らしに慣れて自分の時間もたっぷりとれていた生活から一変することに・・・。

生活のリズムも崩れますし、日頃の家事の負担も大きくなります。

短期間の里帰りとは違って、体力的にも精神的にも大変でした(汗)

里帰り出産で母が疲れをためないコツ5つ

1,無理をしない

初めから張り切ってやりすぎたな・・・。と感じています。

できるだけ娘に楽をさせてあげたいと無理をしたことで疲れてしまいました。

娘のためにしてあげたいと思う気持ちで、これくらいは頑張らなきゃ!と思っていましたが、初めから無理をせずに余力を残しておく方がいいと思います^^

2,夜はしっかりと寝る。

赤ちゃんが産まれて、何度も夜に泣いている声が気になって、私も一緒に起きてみたりもしていました。

でも、私も日中は仕事に行ったり、買い物や食事の支度もあります。

やはり寝不足の疲れは、次の日1日中引きずってしまうお年頃です(笑)

夜は娘に頑張ってもらうことにして、別の部屋でしっかりと寝ることにしました。

しっかりと寝ることで次の日の気持ちもリセットできたと思います^^

3,ひとりの時間を作る。

いくら可愛い娘と孫のためとはいえ、そのことばかり考えてしまって気持ちに余裕がなくなったと感じることがありました。

毎日楽しかったことは本当なのですが、知らず知らずにストレスを感じていたようです。

夫婦ふたり暮らしになって夫と向き合うときにも、ひとり時間が大切だったように、里帰りでずっと娘と向き合うときにもひとり時間は大切でした。

仕事帰りも慌てて帰っていたのですが、

・買い物のついでにちょっと本屋さんを覗いたり好きなことをする。

・外でコーヒーを買って飲む。

そんな20分~30分の息抜きがとってもリフレッシュできました。

4,手抜きをする。

せっかくだから美味しいものを食べさせたい。

栄養をとらせたい。

きれいな部屋で気持ちよく過ごさせたい。

と頑張りすぎていました。

人が増えることで荷物も増え掃除も片付けも食事の支度も大変!

もう今日は疲れちゃったな・・・。といったときには手抜きも大事だと思います。

・お惣菜を上手につかう。

・お掃除ができないときには、換気をしただけでもいいことにする。

など完璧を目指さずに手抜きを上手にすることも、疲れずに過ごすコツかなと思います。

5、早めに疲れに気づく。

私の場合、頑張りたい思いが強く、体調を崩してしまうまで疲れが溜まっていることをそのままにしていました。

頑張りすぎて倒れてしまうよりも、疲れる前に休むことをすればよかったな・・・。

と今は思っています。

・疲れたなと感じる前に休む。

・あと少しだけ・・と頑張ることをやめる。

・時間をこまめに区切って休む。

タイマーで時間をセットするくらいに休む時間を確保するくらいでちょうど良かったなと思います。

里帰り出産は楽しい!嬉しい!・・・けど大変

里帰り出産は久しぶりに娘との暮らしが戻って一緒に料理をしたりおしゃべりを楽しんだりして過ごしました。

しかしその中でも、妊婦健診に連れていったり赤ちゃんを迎える準備をしたりと、いつもとは違うことも増えていきます。

体調が悪ければ心配もし、陣痛がきてからも眠れない時間を過ごしと産まれる前にもリズムが崩れます。

赤ちゃんが産まれて退院してきてからは、ますます忙しくなります。

ミルクのやオムツのこと。お風呂のことなどなど・・・。

初めての赤ちゃんに不安な娘を励まし、ずっと明るく元気なお母さんでいたいけれど、疲れやすくなっていることも事実です。

里帰り出産は嬉しくて楽しかったけれど大変でした。

自分のことは後回しにして娘や孫を優先にすることで、せっかくの楽しい里帰り出産が辛くて大変なものだけにならないように、疲れをためない工夫でのりきっていただけたら・・・と思います^^

【ミニマリスト】少なめの物で暮らしていても里帰り出産生活に必要なもの

【作り置きおかず】つわり中の娘が喜んだおすすめの食べ物8つ

こちらの記事も参考にしてみてくださいね^^