片付けうまくいかなくてイライラしてしまうこと、ありませんか?

片付けには、精神的な要素が多く含まれます。

片付けができないことで、自分を責めてしまうことも・・・。

片付けうまくいかないことで、イライラするのはどうしてなのか、片付けることで得られる精神的効果は何かについて書きますね^^

イライラする原因

片付けうまくいかなくてイライラしてしまう原因は、物の多さが目に入るからということがあります。

脳は、目に入ったものを情報として無意識に処理しています。

たくさんの物を目にすることで、情報量が増え、脳は疲れてしまうのですね。

片付いていないお部屋にいるだけで、すでに脳は疲れてしまっているのですから、その他のことを考えるのに、エネルギーが足りなくなってしまい、イライラしてしまうのです。

1.できないことで自分を責めない

とはいえ、片付けは自分で招いてしまったこと。と自分を責めてしまっては、その先に進むことができなくなってしまいます。

できない自分を責めて、さらにストレスが溜まってしまいます。

あせらず、自分のペースで片付けましょうね^^

必ず出来る必ずいつかは終わる。と信じて、一歩ずつ片付けてみましょう。

2.片付けと掃除は別

片付けて、掃除をする”

をワンセットに考えていませんか?

片付けて、掃除をしてきれいにするまでがゴールと考えてしまうと、長い道のりに思えて、最後までやれず、さらに散らかりイライラするということにつながりかねません^^;

片付けるだけで、多少掃除ができていなくても、整って見えます。

まずは、テーブルの上だけ片付けて見ませんか?

3.片付けすることで身構えない

片付けなきゃ、片付けなきゃと思っているのに手を付けられないのは、片付けることが難しいと考えてしまうからです。

おうち全部を片付けると考えず、1ヶ所1ヶ所考えてみましょう^^

小さいところから。自分の得意な場所から。お気に入りのコーナーから。

引き出し1段だけ。バックの中だけ。財布の中だけ。

なんにもできない!とイライラするくらいなら、1ヶ所でも手をつけてみませんか?

4.時間を決める

10分だけ!それ以上はやりたくてもやらない。

片付けうまくいかなくイライラしてしまう方は、完璧を目指しがちです。

10分の間は完璧に片付けできた!

その自信をつけることは、イライラにとても効果的です。

10分から20分と長くしていく必要はなく、10分の片付けが出来るようになれば、1日10分で片付けは終わるようになっていきます。

5.理想の暮らしをイメージする

お片付けうまくいかなくてイライラするときには、理想の暮らしをイメージしてみましょう。

片付けが、やらなければいけない重たいことではなく、楽しいことになるように、片付けが終わったあとの楽しい事をイメージしてみましょう。

片付けることで得られる精神的効果

片付けることで、脳の処理する情報の量が減ることで、すっきりします。

気持ちに余裕が生まれて、イライラがなくなります。

片付けができて、きれいなお部屋になったら、お花を飾りたくなったり、誰かに見せたくなってお友達を呼びたくなったり・・気持ちに余裕ができます^^

まとめ

片付けうまくいかなくてイライラしてしまうのは、物の量が多くて、脳が疲れてしまっているのかも知れません。

できない自分を責めてしまうのではなく、少ない時間からはじめて、すこしずつ片付けて自信をつけましょう。

理想の暮らしをイメージすることで、お片付けうまくいかずイライラしてしまうことから開放されたいですね^^

ぜひ、できる場所、小さい場所から、進めてみてくださいね☆