シンプル暮らすということは、安売りのときに買っておいたり、在庫も持たないので、節約とは無縁な気がしませんか?

暮らしシンプルすれば、自分に必要なものが見えてきます。

安売りにたくさん買ったりはしないけど、結果節約につながっているお話をしますね^^

シンプルに暮らす物の持ち方

シンプルに暮らす上で、気をつけていることは、たくさんの物を持ちすぎないということです。

ストックの在庫は1つにしています。

例えば、洗剤は本体に入っている物と、詰替え用を1つ。

シャンプーやボディソープなども同じです。

詰替用のものを本体に詰め替えたら、詰替え用を買いに行きます。

洋服も、各アイテム2~3枚です。

食品もだいたい3日分を目安に買ってきます。

土日は、外出することも多く、外食になることも多いです。

平日の分として、買い物をします。

だいたい3日分を買っても5日もつことが多いです。3日分買ってるつもりなのですが、私の読みがあってないのかも・・^^;

足りなかったら、足りなかった食材だけ、買い足します。

シンプルに暮らすということと節約

日用品の在庫をあまり持たないので、安売りではない日に買わなければいけないこともあります。

でも、たくさん買いすぎて、すみっこで忘れることもないし、別な商品に乗り換えて、古いものは、使いたくないというストレスもありません。

きちんと使い切れるということは、無駄がなくて節約になるかな・・と考えています。

洋服も2~3枚ずつというと、1シーズンで傷んでしまうこともあります。

傷みが早いという点から言えば、節約にならないかも知れませんが、これも、使い切ったという充実感もあるし、無駄に買わなくて済むので、結果以前より節約になっています。

食品もたくさんまとめ買いしていた頃は、食べきれず捨てていまうこともありましたが、今は、無駄にすることが少なくなり、節約になっています。

防災のための備蓄品は、缶詰を多めに揃えるので、足りないときのお助け食材になり、つい無駄な物も買ってしまいがちな買い物の日を少なくすることができ、節約になります^^

まとめ

シンプル暮らすということは、安売りの時に買いだめもせず、一見、節約とは遠い暮らし方に見えます。

しかし、買いすぎて、在庫を持ちすぎ、自分で管理できる量を超えてしまっては、結局捨ててしまったり、忘れてしまったりすることも多くなってしまうのではないでしょうか。

私は、シンプル暮らしを心がけてから、買い物にいく回数が減り、以前より、節約できていると思います^^

少ない量のものを大切に使うということは、自分に合っている物を厳選していくことなので、本当に好きな物に囲まれた暮らしが出来るんじゃないかなと思っています。

節約にもつながる、シンプル暮らし方

ぜひ自分の必要な量が節約につながるのか、実験してみてくださいね^^