最近、睡眠負債がテレビでも取り上げられますね。

寝不足が蓄積されて、睡眠負債になってしまうと生活に影響を及ぼしてしまいます。

人間にとって、睡眠はとても大切なものですが、年齢を重ねていくと、睡眠もなかなか上手に取れなくなってしまいます。

私も本来たっぷり睡眠時間が必要だったはず。

以前は8~9時間寝ていたと思いますが、今は6~7時間程度。

この1~2時間が足りないことによって少しずつ睡眠負債が増えて、何日かに1度、1日中寝ても寝ても寝足りないという状態になってしまいます。

これを解消する対策に”パワーナップ”があります。

パワーナップを取り入れることで、どんな効果があるのか、やり方も含めてまとめます^^

パワーナップとは

パワーナップとは、パワー(力量)とナップ(昼寝)をかけ合わせた造語で、いわゆるお昼寝のことです。

お昼寝でパワーを取り戻そう!ということでしょう。

午後からのパフォーマンスをより良いものにするため、今、企業などでも取り入れているところもあります。

お昼ご飯を食べた後、ついウトウトしてしまったけど、その後スッキリしたという経験はありませんか?

それがパワーナップです^^

パワーナップの効果

 

睡眠不足は続いていくと睡眠負債になり、睡眠負債、心身ともに悪影響を及ぼすと言われています。

15分~20分のパワーナップは、3時間の睡眠と同じくらいの効果があるとも言われています。

お昼ご飯を食べたあと、眠くなるのを我慢して午後の作業をするより、短時間のパワーナップを取り入れることで、その後の効率が上がる効果があります。

日頃、睡眠時間が足りない方は、パワーナップで補うこともできます^^

パワーナップのやり方

パワーナップのやり方は15分~20分ほど、椅子に座ったままや机に突っ伏して寝ます。

すっかり横になってしまうと、深い睡眠に入ってしまうので、座ったままなどの方が、効果的です。

長時間寝てしまうことも、深い睡眠になってしまい、パワーナップどころかだるくなってしまうこともあるので、浅い眠りでやめるのが、パワーナップのコツです。

パワーナップする時間は、お昼ご飯の後くらいの時間がいいようです。

遅い時間にパワーナップしてしまうと、夜の睡眠に影響が出てしまうからです。

15分~20分でスッキリ目を覚ますために、パワーナップする前にカフェインをとることもいいそうです。

15分~20分後にカフェインの効果でスッキリ目覚められるからです。

また、ぐっすりとは眠れなくても、目をつぶっているだけでも、ある程度の効果があるので、眠れないよ・・という方は試してみてくださいね^^

まとめ

パワーナップとは、午後からのパワーを復活させるための、短時間のお昼寝のことです。

15分~20分で、3時間ほどの睡眠と同じ効果が得られるなら、睡眠負債で悩んでいる方も試してみてはいかがでしょう。

がっちりベットで横になって眠るのではなく、椅子に座ったまま、軽く寝るのがおすすめです。

あまり深く眠ってしまうと、眠りから覚めるのに時間がかかってしまい、その間だるさが残ってしまうからです。

私も年齢のせいか、夜の眠りが浅いと感じることがあります。

睡眠負債ですっかり体調を崩してしまうまえに、パワーナップで睡眠不足の分を取り戻そうと思います。

睡眠負債は、その時だけではなく、後から影響することもあるので、上手にパワーナップを取り入れていけるといいですよね^^