日焼け止めは、お肌の大敵紫外線を防ぐために、重要です。

シミやそばかすだけでなく、皮膚ガンや白内障の原因にもなるので、日焼け止めで紫外線はブロックしたいですよね。

日焼け止めは正しく使わなければ、効果が半減してしまいます。

日焼け止め選び方と必要な塗り方について書いていきますね^^

 

日焼け止めの選び方

日焼け止めのSPFの数値は、高ければ高いほど、日焼けを防いでくれる効果が高いので、数値の高いものを選びがちですが、SPFが高いほど、肌への負担が大きくなります。

使う場所などによって、SPFの数値を選ぶと良いそうです。

ちなみに、お買い物や近所のお散歩程度の生活をする分には、SPF10

~20ほどで十分なのだそうです。

屋外でスポーツしたり、海に海水浴へ行く場合の日焼け止めは、SPFの高いものが効果的です。

日焼け止めを塗って、肌がピリピリするようでしたら、SPFの少ないものを試してみてくださいね☆

肌への負担を減らすために、日焼け止めのSPFは必要な数値を選びましょうね^^

日焼け止めの正しい量と塗り方

日焼け止め塗り方が間違っていると、せっかく塗った日焼け止め効果が期待できません(T_T)

化粧品のメーカーでも、日焼け止め塗り方は日々研究されているそうで、昔は500円玉大の量を1度塗ると言われていましたが、今は、1円玉大の量を2回塗るのがいいそうです。(けっこうな量でびっくりしました。)

このくらい塗らないと効果が半減するそうです。

手のひらで少し温めて、おでこ、頬、鼻、あごにのせ、まんべんなく塗るのがコツです。

日焼け止め効果のある化粧下地はどのくらい効果がある?

日焼け止め効果のある化粧下地や、BBクリームなど、手軽に日焼け止めとカバーもできて便利ですよね^^

日焼け止め効果のある化粧下地は、使用量を正しく使っていても、下地としての効果はあるものの、日焼け止めの効果は、期待出来ないそうです。(ショック!)

もし、化粧下地日焼け止めの効果を出したいなら、をたっぷりつけないと意味はないそうです^^;

補助的に使うには、いいそうですが、日焼け止めの効果を期待するには、やはり日焼け止めは別に塗るのが良いようです。(知りませんでした゚(;O;))

まとめ

日焼け止めは、SPFが強いと、肌に負担がかかってしまうので、使うシーンによって使い分けした方がいいようです。

普段の生活なら、SPF10~20で十分なのだそうです。

日焼け止めは1円玉大を2回に分けて、たっぷりとむらなく塗りましょう。

おでこ、頬、鼻、あごにのせて、伸ばして塗っていくのがコツですよ^^

日焼け止め効果がある化粧下地でも、別に日焼け止めは必要なのだそうです。

日頃から、日焼けには注意をしていて、いつもお化粧を欠かさなかったのに、化粧下地日焼け止めの効果があまりないというのは、ショックでした^^;

SPFも高いものを選んでいましたが、日常生活では強かったようです。

使用も全然足りていませんでした^^;

ちょっとベタベタ感が気になりますが、日焼け止め効果がしっかり出るように、日焼け対策は見直そうと思います☆