料理を作るのは、毎日のこと・・。

こう暑いと、料理をするのも面倒になりますよね^^;

夫婦ふたり暮らしで、夫が出張に行くとなると、自分のためだけに料理をするのは、めんどくさいです。

でも、身体のためには、ごはんはしっかり食べたいし・・・。

料理作りたくない時も面倒にならない方法を書きますね^^

買い物してきたついでにひと手間かけておく

買い物から帰ってきたら、食材をそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、ひと手間かけておきましょう^^

・野菜の袋を開けて、チャック袋に入れる。

・3個パックなど、3つがつながっているものは、フイルムを剥がしておく。

・切れるものは切っておく。

これをやっておくと、料理をする面倒さが少し減ります。

ちょっとしたことですが、売られている袋を開けるのが、面倒だったりします。

サッと料理に取り掛かれるためのひと手間は、作りたくない時でも料理にとりかかるハードルを少し低くしてくれます。

火を使わないレシピにする

電子レンジにかけるだけのレシピを持っていると、暑い夏も火の前に立たなくてすみます^^

野菜を切って、電子レンジにかけておくだけでも、後で、何かと和えたりするだけで、立派な一品になりますよ☆

ピーマンの千切りとシーチキン(油ごと)にポン酢をかけて、電子レンジにかけるだけ。

もやしを洗って電子レンジにかけて、塩コショウとごまとごま油で味付けて、ナムルに・・

など、電子レンジだけで出来るメニューは、料理面倒なときも、簡単にできます^^

味付けのバリエーションをつける

味付けのバリエーションを変えるだけで、同じ食材でも違ったメニューになります。

例えば、めんつゆからのバリエーションとして、

めんつゆ+生姜=茹でた野菜に。

めんつゆ+唐辛子+ごま油+酢=中華風。揚げたナスにかけると美味しい♡

めんつゆ+オリーブオイル+酢=ドレッシング。サラダに♪

たくさんの調味料を揃えなくても、いろいろ味を変えられて、簡単です☆

トッピングのバリエーションをつける

トッピングもいろいろバリエーションを持っておくと、手をかけた風に見せられて便利です^^

韓国のりフレーク

先日、コストコで買った韓国のりフレークは、サラダでも、パスタにでも美味しいトッピングです☆

糸とうがらし

糸とうがらしも、手が混んでいる風を演出できます☆

中華風の味付けにしたものに、糸とうがらしをこんもり乗せると、ステキな一品になります。

ただの冷奴がおしゃれに変身しますよ^^

いりごま

くるみ

フライドオニオン

フライドベーコンなども、歯ざわりに変化が出て、楽しい食感のトッピングになります☆

まとめ

夏に料理作りたくないなーと思っても、やらなくちゃいけないとき、料理面倒にしない工夫をしておくと、少し料理を作るハードルが下がります。

買い物から帰ってきたら、休んでしまう前にひと手間加えておくと、明日の自分が楽になりますよ^^

袋を開けるだけ。

洗っておくだけ。

剥がしておくだけ。

それだけでも違います。

ひとつの調味料から展開した味のバリエーションをつけたり、トッピングを用意しておいたりと、手間をかけずに手が混んだ風の料理で、時間もかけずに料理ができます。

料理面倒で、作りたくないな・・と思ったら、試してみてくださいね^^