夜に眠れない悩みは、辛いですよね・・。

今年の夏は、特に暑いので寝苦しいこともあり、不眠の悩みはつきません^^;

不眠が続くと、いろいろと体にも支障をきたします。

年齢が上がることにより、眠れなくなる割合が増えるそうです。

40歳台から、不眠症は増えてくるようです。

少しでもできる対策をして、不眠症改善する方法を試してみたいですね^^

不眠症とは

不眠症には3つのタイプがあります。

1.入眠障害・・・ベットに入って2時間以上眠れないタイプ

2.中途覚醒・・・睡眠中、途中で目が覚めてしまうタイプ

3.早朝覚醒・・・起きる時間から2時間以上早く目が覚めてしまうタイプ

このいずれかが、週に2日以上、1ヶ月以上続くと不眠症といいます。

不眠症を改善するには

パソコン、スマホからのブルーライトは目から脳に刺激があり、眠れなくなります。

寝る2時間前までに、パソコンやスマホの作業は終わらせるといいようです。

入浴は、シャワーだけでなく、湯船に入ってリラックスするとよく眠れます。入浴剤などを入れるとさらにリラックスできますね^^

ラベンダーの香りは、リラックス効果があって不眠症改善におすすめです☆

不眠症の改善に効くドリンク

・水出し緑茶

不眠症には、テアニンという物質が効くそうです。

テアニンを効果的に摂取するには、氷水で入れた水出し緑茶がいいそうです☆

緑茶といえば、カフェインが入っていて、眠れなくなるのではと心配になりますが、緑茶のカフェインは、氷水で水出し緑茶にすることで、カフェインはほとんど抽出されないそうです☆

氷水で入れた、水出し緑茶で、不眠症に効くテアニンを上手にとりましょう^^

作り方は・・・

日本茶の茶葉を、氷水の中に入れて、2~3時間ほど置いておくだけ☆

寝る1時間前にコップ1杯ほど飲んで寝ると、よく眠れるそうです。

・白湯

50度ほどに冷ました白湯にも、気分を落ち着かせる効果があります。

温かい飲み物で一度体温を上昇させ、その後、体温が下がったタイミングに、自然な眠りが訪れます。

就寝前に飲むと、だんだん体温が下がってくるので、そのままスムーズに眠りに入れそうですね^^

・ルイボスティー

ルイボスティーもおすすめです。

ルイボスティーに含まれる、フラボノイドは、ストレスに効くとされています。

ノンカフェインですし、気分もゆったりするので、快適に眠りにつけます。

暑い季節は、冷たい水出し緑茶、寒い季節には温かい飲み物がいいかも知れませんね。

眠りの前の儀式として、コップ1杯の飲み物を飲むことにすると、身体が眠る体制に入るので、習慣にするといいそうです^^

まとめ

不眠症には、入眠障害、途中覚醒、早朝覚醒の3種類のタイプがあります。

このどれかが週に2日以上、1ヶ月以上続いているときには、不眠症といえます。

不眠症改善には、パソコンやスマホとの付き合い方注意したり、入浴方法でリラックスすることも効果的ですが、水出し緑茶や、温かい飲み物で、眠りの習慣がつくと不眠症に効果があります。

カフェインの含まれる飲み物は、覚醒作用により眠りづらくなりますが、

氷水で緑茶を入れると、カフェインが出ないというのも驚きました☆

(ちなみに熱湯で緑茶を入れると、カフェインが抽出されるそうです^^)

私も1年ほど、しっかり眠れていないな・・という感じがあり、途中覚醒と、早朝覚醒のタイプだとわかりました。

不眠に効くといわれている、いろいろと効果がありそうなことは、試してみています。

氷水の中に茶葉を入れて、2~3時間置いておくだけととても簡単なので、さっそく試してみようと思います。

温かい飲み物も、気分が落ち着きますよね^^

白湯やルイボスティーなど、気分によって変えて楽しんでも良さそうです。

不眠症による、睡眠時間の不足分は、睡眠負債を解決するパワーナップでも補えます☆

こちらも試してみてくださいね^^

睡眠負債についての記事はこちらから☆