ここ何年か、日本でもハロウィンの衣装で仮装したり、家庭でも飾りを楽しんだりするようになってきましたね^^

ハロウィンとは、いつのことなのか?どうしてかぼちゃゾンビがモチーフになっているのかをまとめますね☆

ハロウィンとはいつのこと?

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる行事のことです。

イベントやパーティーなどは、10月最後の週末に行われることが多いようですね^^

渋谷の交差点をコスプレして歩くイベントは、ここ数年盛り上がっていますね☆

その他の地方でも同じような、イベントが行われています♪

ハロウィンは何をする

ハロウィンは、もともと収穫祝いから始まったそうですが、夏が終わり冬の訪れを前に、亡くなった人がよみがえる日ともいわれているそうです。

亡くなった人がよみがえるというと、少し怖い感じがしますが、日本では、もっとカジュアルな感じで楽しまれていますね^^

ハロウィンは、良い霊ばかりではなく、魔女や悪霊も訪れやすい日ということで悪魔払いもします。

収穫祭悪魔払いの意味があるハロウィン

収穫の感謝を込めて、パーティーをしたり、魔女やゾンビのコスプレをしたりするのですね^^

ハロウィンでする仮装には、悪魔払いや魔除けの意味もあるそうです。

子供たちが仮装をして「トリック・オア・トリート!」(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ!)と言いながら、家々を回ることもしますが、日本ではあまり馴染みはないですね^^;

こども英語教室などのイベントなどでは、よく行われています^^

ハロウィンにかぼちゃを使う意味

ハロウィンは、かぼちゃゾンビがモチーフになっていますね。

かぼちゃがモチーフになるのは、かぼちゃが秋に収穫される野菜のひとつだからですね^^

黄色く、大きなかぼちゃをくり抜いて、中にろうそくを立てる、【ジャック・オ・ランタン】は、ハロウィンの飾りとして、定番です。

ジャック・オ・ランタンの火は、”魔除けの火”なのだそうです。

もともとは、カブを使っていたそうですが、アメリカに伝わった時に、秋に収穫されるかぼちゃで、ジャック・オ・ランタンを作ったことで、今はかぼちゃが主流になっています。

ちなみに、ジャック・オ・ランタンに使われるかぼちゃは、主に鑑賞用で、あまり食べたりはしないようです^^

ゾンビの仮装をする意味

ハロウィンでは、ゾンビなどの仮装をすることもありますね。

ハロウィンは、亡くなった人がよみがえるといわれている日なのですが、良い霊と一緒に悪い霊もよみがえるといわれています。

悪霊にとり憑かれないために、ゾンビなどの仮装をして、悪霊の目をごまかすという意味があるそうです。

魔女にも、同じ意味があります^^

まとめ

ハロウィンとは、収穫の感謝と、悪魔ばらいをする行事のことです。

毎年、10月31日に行われます。

収穫の感謝の象徴として、かぼちゃを使い、悪魔ばらいとして、ゾンビなどの仮装をします^^

ハロウィンのモチーフとなっているかぼちゃゾンビの意味を知ると、ハロウィンをもっと楽しめますね☆

お店でも、いろいろなグッズが並んでいます^^

簡単に飾れるグッズもあるので、お家でも楽しんでみては、いかがですか?