今、実家片付けで悩んでる人が増えています。

核家族化が進み、同居しない家庭も多いですよね。

親世代、子世代、それぞれに持ち家があったりすると、いずれ実家に住む人もいなくなる・・・。

親も歳をとり、物ち物が増えて、つまづいたら大変

そうなった時に、実家片付けを考えるのではないでしょうか。

親のためと思っても、やり方を間違えると、親子関係が悪くなってしまうかも知れません。

親に納得してもらいながら進める、実家片付けについて、書いていきますね^^

実家の片付けのコツ

1,無理やり進めない

気になったからといって、こちらのペースで進めてしまうと、親はかたくなに片付けを嫌がります。

片付けが出来ていなくて困っていないか、親が片付けたいタイミングを見計らうのが大切です^^

2,勝手に捨てない

親の世代は、もったいないという精神が正しいと思っていますよね。

物は、壊れるまで使うのが当たり前と思っています。

物を大切にすることは、大事なのですが、持ち物を溜め込んでしまうのは、困ったことですよね・・・。

本当にもったいないのは、使っていない事なんだよ。ということを知ってもらうといいです^^

今は、すぐに買えるから、買いだめしなくても大丈夫だよ^^

と納得してもらえるといいですよね。

親は、捨てるということに、罪悪感があります。

その気持ちを無視して進めると、片付けそのものを嫌がってしまいます。

「これはいらないでしょ!」と勝手に捨ててしまわず、話し合いをしながら進めましょうね^^

勝手に捨ててしまうと、自分で失くしたものでも、”捨てられた”と思ってしまいます。

そうなると、ますます意固地になって、捨てなくなってしまいます。

実家片付けする時は、言い方にも気を付けたいですね^^

3,親の身体を気遣う

物をたくさん持ちすぎていることで、高いところの物を取ろうとして転んだり、下に物を置いていてつまずいたりしたら、大変です^^;

階段に、物を置いて持ち物で階段幅を狭くしていることもあり、危ないですね。

心配している気持ちを伝えて、危険な場所から移動させる提案をしてみましょう。

片付けをすすめる理由が、捨てることではなく、身体を心配してのことだと伝えることで、気持ちも伝わるかもしれませんよ^^

4,ゆっくり進める

片付けるということは、とてもエネルギーが必要です。

いる、いらないの選択は、時間もかかります。

持ち物が多ければ、なおさらですね^^

片付けから、10分もたたないうちに、「休憩しよう」と言い出すかもしれません。

早く進めたいでしょうが、ここは、ゆっくりと気長に進めていくほうが、親も納得します。

お茶を飲みながら、片付けた後の楽しい暮らしをお話していくと、片付けも楽しく進めてくれるかも知れませんね^^

5,もらって帰る

使わないけど、もったいなくて捨てられないという物だったら、「これ、欲しかったの!」ともらってしまうということができます。

たとえ使わないものでも、人にあげるなら手放せるという方だったら、有効ですね^^

その後、代わりに処分してあげると片付けは進みますよね。

片付けた後、ゴミ袋に入れて、ゴミの収集のときを出しておいてね^^と言ったのに、また元に戻してしまう・・・。なんてこともよくあるそうです。

「ゴミは重いから、私が出すね^^」

と、持ち帰って捨ててあげるのも、いいですね。

ゴミとして出したのに、時間が経つと、やっぱりいるかも・・と思う気持ち、わからなくもないですものね☆

まとめ

実家片付けは、頭を悩ませるところですよね^^;

実家片付けを業者におまかせすると、100万円かかることもあるそうです。

なんとか、親が元気なうちに・・・と、思いますが、思い出や物を捨てるのは、気持ちの整理に時間がかかるものです。

イライラしてしまうこともあるかも知れませんが、親子関係が悪化してしまわないように、ゆっくりと、親の気持ちに寄り添うことが大事かもしれません。

言い方に気をつけて、納得してくれる形で実家片付けを始めてみるといいですね^^

第三者が入ると、ケンカせずに進むこともあります。

整理収納アドバイザーは、実家片付けもお手伝いしてくれますよ^^

整理収納アドバイザーに興味がある方は、こちらの記事もどうぞ^^

専業主婦の私が整理収納アドバイザーの資格を取って、お片付けと家事代行の仕事を始めたきっかけ

整理収納アドバイザー2級はどうやって取る?受講方法と受講料は?

整理収納アドバイザー1級の取り方 受講方法や受験料、勉強方法は?