マインドフルネスという言葉をご存知ですか?

瞑想呼吸法と一緒に、ヨガなどでもよく聞かれる言葉です。

最近は、企業でも取り入れたりしているところもあるようです。

マインドフルネスについて、やり方や効果などをまとめていきますね^^

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、【今の自分に集中する】心のあり方のことです。

雑念を払い、ひたすら自分に向き合います。

始めは、集中が長く続かないかもしれませんが、繰り返すことで、自分に集中することが出来てきます。

瞑想呼吸法で、マインドフルネスすることもできます^^

脳を鍛える、トレーニングにもなるそうです☆

マインドフルネスの効果

マインドフルネスで今の自分に集中していくことで、いろいろな効果が得られます。

・集中力が高まる

・良い睡眠が取れる

・ストレスが軽減される

・想像力が高まる

・不安な感情をコントロールできる

などの効果があります。

ストレス社会といわれ、たくさんの事を考えなくてはいけない私達は、脳を休ませる時間が必要なのですね^^

これによって、仕事のパフォーマンスも上がるという効果から、企業で取り入れているところもあるようです。

マインドフルネスによって、気持ちを落ち着かせる効果もあるので、試してみるのもいいですよね☆

瞑想と呼吸法で、自律神経を整える

瞑想呼吸法で、マインドフルネスすることが出来ると、自律神経が整ってきます。

自律神経が乱れることで、心や身体に、不調が現れたりるので、瞑想呼吸を使って、上手にマインドフルネスしたいですね☆

瞑想の仕方

瞑想は、姿勢を正しくして始めます。

背筋を伸ばして、肩は開きます。

手は楽な位置に。

手のひらを上にして、ひざの上に置くと落ち着きますよ^^

頭の中を空っぽにしていきます。

いろいろな考えが浮かんできても、また空っぽに戻していきます。

やってみると、考えずにいるのはなかなか、難しいものです^^;

いろいろな考えが浮かんできてしまいますよね。

そんな時には、呼吸に集中していくと、いろいろなことを考えなくてすみます。

呼吸法

呼吸を始めるときに、息を吸うことから始めたくなりますが、まずは、息を吐いていくことから始めます。

息を吐くことで、自然に息が入ってきます。

ゆっくり吐いて、ゆっくり吸います。

4秒で吐いて、4秒で吸うを繰り返します。

頭の中で、「1,2,3,4」・・・と数えながらやると、呼吸に集中できます。

4秒の呼吸が辛い方は、それより長くても、短くてもいいのですが、偶数の方がいいそうです^^

慣れてきたら、吐く方を少し長めにしていきます。

自分のペースで、呼吸していきましょう☆

緊張していたりすると、呼吸が浅くなっています。

なんか落ち着かない・・・というときも、呼吸が浅いことがあるようです。

呼吸を深くすることで、緊張がほぐれていきます^^

姿勢を正して、ゆっくりと呼吸していくことで、マインドフルネス(今の自分に集中)することができます。

まとめ

マインドフルネスをするというのは、過去を後悔したり、未来を心配したりするのではなく、今の自分に向き合う時間を持つということのようです^^

瞑想呼吸を意識することで、日頃、考えすぎて疲れてしまっている頭もスッキリしてきます。

マインドフルネスをする、一日の回数や時間は決められていませんが、一日の始まりと終わりに、マインドフルネスすることで、その日のストレスが解消させられれば、ゆっくりと眠ることもできそうですね^^

私は、寝る前になると、なんとなく不安な気持ちになったり、心配しても仕方ないことを考えたりして、眠れなくなってしまうことがあります(T_T)

年齢のせいで、自律神経も乱れやすくなっていることもあります。

マインドフルネスすることで、不安な気持ちをコントロールできて、睡眠の質が高まるのなら、試してみたいな・・・と思いました^^

1分でもいいそうなので、マインドフルネスをしてみようと思います。